早坂尚人 身長や彼女は?イケメン大学生体操選手のWiki!筋肉とゆかの演技がすごい! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

早坂尚人 身長や彼女は?イケメン大学生体操選手のWiki!筋肉とゆかの演技がすごい!

      2015/12/01


10月23日~11月1日までイギリスのグラスゴーで第46回世界体操競技選手権大会が開催されます。

その世界体操競技選手権大会に出場する日本の早坂尚人選手をご紹介したいと思います。

 

早坂尚人(はやさかなおと)選手は、1995 年12月4 日生まれ・埼玉県出身で現在、順天堂大学に所属する体操選手です。

身長は165cmと高くはないのですが、引き締まった筋肉(特に割れた腹筋がすごい!)に覆われたガッチリした体格です。

そして何よりも甘いマスクを持つイケメン選手なので、今後大人気になること間違いなしだと思います。

ちなみに彼女の情報なども調べてみましたが、見つかりませんでした。

ただ女性ファンも多いでしょうし、相当数の女性からのアプローチを受けているでしょう。

 

そんな早坂選手は、体操をしていたお母さんの勧めで9才の時に体操を始めます。

同じ頃に空手にも取り組んでいましたが、選手コースへ進んたこともあり体操一本に絞ります。

小学校・中学校の時は全国大会で上位に入ることはできず、15才の時には鉄棒の練習中に腕を骨折するという試練に見舞われますが、地道にリハビリとトレーニングを積み重ね、2012年にはインターハイと全日本ジュニアでも3位に入り、初の国際試合となるリューキンカップでも個人総合優勝を果たします。

高3時の2013年にはインターハイ優勝を飾るだけでなく、全日本選手権でも個人総合で8位に入ります。

高校卒業後は、アテネオリンピック団体金メダリストの富田コーチのいる順天堂大学に進学します。

そして2015年には、早坂選手はさらなる飛躍をとげます。

4月の全日本選手権で個人総合で4位になり、5月のNHK杯でも4位に入り全日本代表に選出されると、7月のユニバーシアードでは団体優勝するだけでなく、種目別あん馬で2位、ゆかでは金メダルに輝きます。

さらに8月のアジア体操競技選手権では、ケガの内村航平選手の代役として出場を果たしてナショナルチームデビューを飾ると、日本チームの団体優勝に貢献しました。

 

早坂選手が最も得意とするのが、種目別のゆかです。

とりわけ、足のバネと脚力が優れているので、ゆかの演技の時の高さが抜群です。

また技の難易度だけでなくて、演技の中の一つ一つの技の途中でも足先まで神経が届いている綺麗な体操をするのも彼の長所と言えます。

ただしこの種目では、1才年下に世界チャンピオンにも輝いた白井健三選手がいるので、彼に勝つためにはさらなる技の難易度を求めることが必要と言えます。

また、全日本・NHK杯個人総合で上位に入ったように総合力の高さもあるので、オールランダーとしてもこれからの体操日本を引っ張る存在としての活躍が期待されます。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!