中塩美悠 2chで大人気!ノートルダム清心高校出身で演技中にネックレス?西日本選手権の優勝からオリンピックへ! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

中塩美悠 2chで大人気!ノートルダム清心高校出身で演技中にネックレス?西日本選手権の優勝からオリンピックへ!

      2015/12/03


10月24日~12月13日までフィギュアスケートのグランプリシリーズ2015が開催されます。

そのグランプリシリーズ2015に出場する日本の中塩美悠選手をご紹介したいと思います。

 

中塩美悠選手は、1996年10月21日・広島県広島市生まれでノートルダム清心高校出身の日本スケート連盟強化A選手にも選ばれるフィギュアスケート選手です。

まだ注目され始めたばかりですが、とてもかわいい顔をしていて人気がすごくあり、2chの応援スレが数多く存在しています。

またスケートの演技の際に、磁気チタンネックレスをしていることでも知られていて、ちょっとしたトレードマークになっています。

 

そんな中塩選手は、ジュニア時代の2010年11月の全日本ジュニア選手権に出場して21位になり、翌シーズンの全日本ジュニア選手権も15位に終わり、大きな実績を残すことはできませんでした。

しかし、2013年の西日本選手権で優勝を飾り頭角を現すようになると、同じ年の日本の有力選手が集う全日本選手権では11位に入り、シニアの大会でジュニア時代の順位を上回る成績を残し注目を集めるようになります。

そして、翌シーズンには初めての国際大会となるアジアンオープントロフィーのジュニアで4位に入ると、その後のジュニアグランプリシリーズでも、フランス大会で4位、エストニア大会では優勝を飾り、ポイント上位選手選手だけが出場できるジュニアグランプリファイナルに出場を決め、6位に終わります。

ジュニアの舞台でトップレベルの選手へと成長していった中塩選手は、同じ年の2014年の全日本選手権では10位と不本意な結果に終わりますが、2015年のインターハイでは優勝を決め、同じ年の初のシニアの国際大会となるトリグラフトロフィーでも優勝を飾りました。

そして、2015-16シーズンの初戦である2015年ロンバルディアトロフィーで3位入賞を果たし、シニアの舞台でも日本を代表する選手に成長し、オリンピックで活躍することが期待されます。

 

中塩選手の武器は、高さのあるジャンプです。

彼女は、5種類のトリプルジャンプを飛べるだけでなくて、3回転トゥーループ-3回転トゥーループのコンビネーションジャンプを決めるなど、ジャンプの質の高さはシニアの舞台でも戦えるレベルにあります。

また、音楽のリズムに合わせて、滑る時のスケートのスピード感と全身を使う表現力にも優れたものがあります。

特に、スピードはあるのに非常に柔らかさも兼ね備えるスケーティングは優雅さも感じさせて観衆を魅了するものがあります。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!