内山由綺 かわいい顔して腹筋がすごい!身長や高校などのプロフィール!体操は母と姉の影響? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

内山由綺 かわいい顔して腹筋がすごい!身長や高校などのプロフィール!体操は母と姉の影響?

      2015/12/02


10月23日~11月1日までイギリスのグラスゴーで第46回世界体操競技選手権大会が開催されます。

その世界体操競技選手権大会に出場する日本の内山由綺選手をご紹介したいと思います。

 

内山由綺選手は1998年1月13日生まれ・東京都町田市出身で現在、帝京高校に通う体操選手です。

元々体操選手で体操教室を運営するお母さんの影響で生後3ヶ月には、体操教室に連れて行ってもらい遊び場になったようですが、本格的に始めるようになったのは、同じ体操教室に通うお姉さんの影響だそうです。

そして小学6年生の時、コーチであるお母さんから大会で優勝しないと指導をやめると言われて奮起した内山選手は、見事全日本ジュニアAクラスで優勝し、ジュニア強化選手になると、2011年国際ジュニア ・2012年環太平洋選手権(ジュニア)という国際舞台にも出場をして、同年代のトップ選手として順調にステップアップをしていきます。

特に、環太平洋選手権の観客から送られる拍手と自分の演技を試合後に褒められことは、彼女にとっては大きな経験だったそうです。

さらに内山選手はシニアの選手としのぎを削る2012年の全日本選手権で8位、NHK杯でも7 位に入る活躍を見せると、翌年の全日本選手権でも5位に入るなどシニアの舞台でも順調に活躍を見せます。

しかし2014年の全日本選手権は、10 日前の練習で肉離れと左膝を負傷したのが原因で大会を棄権してしまいますが、代表入りを目指し、全日本種目別選手権の段違い平行棒とゆかに強行出場しましたが、代表入りを逃してしまいます。

不本意な結果に終わった前年から立ち直った内山選手は、今年の全日本選手権で過去最高の2位に入り、NHK杯でミスを出して5位に終わりますが見事に世界選手権代表に選出されます。

 

内山選手は、身長150センチ前後の小柄な選手が多い女子体操の中では一際高い身長158cmで、長い手足を活かしたダイナミックな演技と鍛えられた腹筋による体幹の強さが特徴です。

また、特に床の演技では技の難易度だけでなく、音楽に合わせた表情豊かな物語性のある優雅な演技を見せるのも彼女の武器で、メンタル的にも負けず嫌いで気の強い所も体操選手としての長所と言えます。

将来の目標は、リオオリンピックと東京オリンピックでメダルを取ることと話す内山由綺選手の演技に注目です。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!