近藤大亮 大商大→パナソニック 社会人投手の未来は阪神か西武?出身や成績などのプロフィール! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

近藤大亮 大商大→パナソニック 社会人投手の未来は阪神か西武?出身や成績などのプロフィール!

      2015/12/02


22日に2015年度新人選手選択会議、いわゆる第51回プロ野球ドラフト会議が行われる予定です。

そのドラフト会議で指名が予想される近藤大亮投手を紹介したいと思います。

 

近藤大亮投手は、1991年5月29日生まれ・大阪府出身の野球選手です。

近藤投手はお父さんの影響で9才の時に野球を始め、新浅香山ニュースターズ→オール住之江→浪速高校へと進みます。

エースとなった高校時代の2年生の時には、秋の府大会でベスト8まで勝ち進み、試合には敗れましたが、準々決勝の大阪桐蔭でも好投を見せます。

しかし3年夏の府大会では、5回戦で敗退して甲子園に出場することはできず、高校卒業後は大阪商業大学に進学をします。

大阪商大では、1年生の春からリーグ戦で登板するなど実績を上げていきます。

特に4年時の2013年にはリーグ戦では、ノーヒットノーランを含む8勝を上げて、秋のリーグ戦ではチームを42季ぶりの優勝に導く活躍をみせ、明治神宮大会にも出場を決めます。

明治神宮でも近藤投手は勝利を上げ、チームもベスト4まで進み、プロの注目を集めますが、プロ志望届けを提出せずに社会人野球のパナソニックに進むことを選択します。

パナソニック入社後も1年目から主力として活躍をして、とりわけ大阪ガスの補強選手として出場した社会人2年目となる2015年の都市対抗野球大会では好投をして、チームを準優勝に導く活躍を見せます。

さらに侍ジャパン社会人代表にも選出され、社会人日本代表として第27回BFAアジア選手権にも出場します。

 

近藤投手の武器は、MAX150キロを超す威力抜群のストレートです。

彼のストレートは単に速いだけでなく、大学の頃から「良いストレートを投げるために、リリースを意識するようになった。」と本人が語るようにスピンの効いた質の良さが特徴です。

また投球の際の体重移動もスムーズで、長丁場でボールを投げる回数もアマチュアよりはるかに多いプロの世界でも戦っていける要素を兼ね備えています。

先発でも完投能力がありますが、彼のストレートの威力を活かすにはリリーフの起用も面白そうだと思います。

近藤大亮投手には阪神・西武・オリックス・横浜などがドラフトでの指名を予定しています。

特に阪神と西武は、近藤投手を上位に指名する可能性が高いとの噂なので非常に注目であり楽しみです。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!