岡田明丈 2ちゃんねるで人気の大泉第二中学から野球を始めた投手の成績・進路は?妹とキャッチボール? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

岡田明丈 2ちゃんねるで人気の大泉第二中学から野球を始めた投手の成績・進路は?妹とキャッチボール?

      2015/12/02


22日に2015年度新人選手選択会議、いわゆる第51回プロ野球ドラフト会議が行われる予定です。

そのドラフト会議で指名が予想される岡田明丈投手を紹介したいと思います。

 

岡田明丈選手は、1993年10月18日生まれ・東京都出身で現在、大阪商業大学に所属する投手です。

岡田投手は大泉第二中の軟式野球部で三塁手として野球を始め、大商大高校の1年から投手になります。

しかし、2年の夏にはベンチ入りのメンバーに入れず、その際に妹さんをキャッチボールに誘い、3年夏での雪辱を誓ったそうです。

その3年夏の大阪府大会では、ベスト8で敗退し、甲子園の出場はありませんでした。

また、岡田選手もスカウトから注目を集める選手ではありませんでした。

大阪商業大進学後も1年春からリーグ戦に出場しますが、全国的には無名の状態が続きます。

しかし、大学2年時に富山陽一監督が就任すると、地下足袋を履いての投球練習やマウンドの傾斜を逆に使うピッチング練習など、トレーニング法が一変すると素質が開花します。

最終学年となった今春の関西六大学リーグでは開幕から31イニング連続無失点を記録し、エースとしてチームを3季ぶりの優勝に導き、個人としても6勝(3完投2完封)をあげて最優秀投手を受賞しました。

さらに2015年全日本大学野球選手権でも1・2回戦を勝ち進むと、準々決勝の神奈川大戦では同点の7回無死満塁からリリーフでマウンドに上がり、自己最速となる152キロを計測するなど150キロ台を連発し、力強いストレートで相手打線を抑え込みます。

結果的にチームは試合に敗れますが、この試合で一気にスカウトの評価を上げます。

 

岡田投手を見ると、180センチを超す身長とガッチリした筋肉質な体格の良さに目がいきます。

とりわけ、下半身の安定感は抜群で、恵まれた体格から腕をパワフルにしならせて投げ込むストレートは150キロを超すスピードだけでなく、ドシッとした重さがあるのも特徴です。

またインコースの厳しい所に投げ込むことのできるコントロールの良さと、ピンチの場面に登板しても相手打線を冷静に抑え込めるメンタルの強さも魅力と言えます。

ただ課題としては、時にボールが抜けるところとピッチャー前に飛んできた球を処理する際のフィールディングに少しスムーズさを欠くように思えるので、その辺りの更なる改善がプロで飛躍するための条件と言えます。

現在、オリックス・千葉ロッテ・広島・中日・阪神・巨人がドラフトでの指名を予定しているそうです。

最終的に岡田投手がどの球団に行く事になるのか、非常に注目であり楽しみです。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!