熊原健人 柴田高校・仙台大学出身のイケメン投手のWiki!彼女や兄弟は?実家は神社? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

熊原健人 柴田高校・仙台大学出身のイケメン投手のWiki!彼女や兄弟は?実家は神社?

      2015/12/02


22日に2015年度新人選手選択会議、いわゆる第51回プロ野球ドラフト会議が行われる予定です。

そのドラフト会議で指名が予想される熊原健人投手を紹介したいと思います。

 

熊原健人投手は、1993年10月19日生まれ・宮城県出身の現在仙台大学に所属する野球選手です。

爽やかでかっこいい顔をしているイケメン投手で、女性の人気も高そうなので、勝手な予想ですが彼女もいると思います。

そんな熊原投手は、12才の時にお兄さんの影響とボールを投げるのが好きだった事もあり野球を始めます。

そして北角田中学校を経て、宮城県立柴田高校に進学します。

柴田高校時代にショートからピッチャーに転向しますが、高校2年の春の県大会でのベスト4が最高成績で、甲子園の出場もありませんでした。

卒業後は実家の神社を継ぐため神職養成所に進む予定でしたが、大会を視察した仙台大学の森本吉謙監督の目に留まり、柴田高校の平塚誠監督の後押しもあり、仙台大学に進学を決めます。

仙台大学では、2年生まで大きな実績を残せませんでしたが、3年生の春にフォームを改造したことで一気に才能を開花させ、エース格として仙台六大学野球春季リーグでチームを67季ぶりの優勝に導き、全日本大学選手権への出場を決めます。

さらに、熊原投手は21歳以下の日本代表にも選出され、U-21W杯の決勝の台湾戦では150キロを超すボールを投げるなど快投を見せます。

U-21チームは準優勝に終わりますが、熊原投手は試合後に海外メディアから取材が殺到するなど、スカウトの注目を集めます。

このU-21日本代表に選ばれ、プロの指導を受けたことで、熊原投手も大きな刺激を受けたそうです。

そして最終学年を迎えた2015年も引き続き好調を維持して、仙台六大学リーグ戦では強豪・東北福祉大を2試合連続完封するなど、36イニング連続無失点を記録し、仙台大学を昨年に続き、リーグ戦連覇に導きます。

 

熊原投手の魅力は、独特のダイナミックなフォームから繰り出される150キロを超えるストレートです。

特に下半身の筋肉の隆起は、ユニフォームを着ていても分かるほど抜群で、その下半身の馬力が力強いストレートを生み出していると言えます。

また、落差のあるフォーク・スライダーも切れ味も抜群で、三振をたくさん取れるのも熊原投手の特徴です。

このように完成度の高いピッチャーである熊原投手は、横浜・楽天・ソフトバンク・西武・ロッテ・巨人・阪神などの複数球団からドラフト指名候補として挙げられています。

今年のドラフト会議の大注目選手である熊原健人投手は、一体どの球団に行く事になるのでしょうか。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!