アメリカン打法・新左1軸打法とは?コーチに習った方が上達は早い?アイアンでスイングのコツを掴め! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

アメリカン打法・新左1軸打法とは?コーチに習った方が上達は早い?アイアンでスイングのコツを掴め!

      2015/12/02


ゴルフはある程度打てるようになると、コーチについて習った方が上達が早いです。

自己流ではありましたが、筆者もスライス系である程度まとまっていました。

それでも90を切るか切らない程度まではいきましが、それ以上はいきませんでした。

そこでコーチをつけて、1週間に1回、初歩から教わりました。

その時コーチに「習い始めると、いったんスコアは悪くなります。習っている時は、なるべく本番に行かないように。」と言われました。

本番のコースに行くと、どうしてもスコアを作りにいって、元のフォームに戻ってしまうのだそうです。

 

そこでグリップにの握り方、スタンスの構え方から教わったのですが、最初は短いアイアンで教わりました。

スライスがどうして出るのか、どうしたらフックになるのか、また打ち分け方も色々な方法があることを学びました。

まずはスタンスによる打ち分け方です。

スイングはそのままにして、スタンスをオープンにしたり、クローズにしたりして調整するのです。

スタンスの仕方によって、スイングがオープンになったりクローズになるので楽ですね。

つまり、スイングがインサイドアウトになったり、アウトサイドインになったりで調整するやり方です。

 

あとはスタンスはスクエアにしておいて、ヘッドの向きを変える方法です。

ヘッドをオープンにしたり、クローズにしたりして、調整するやり方です。

短いアイアンでやるとその軌跡が見えるので納得しやすく、このような練習を半年受けました。

その後は「もう理論は一通り教えたので、あとは今までのことを頭に入れて、一人で練習してください。また分からなくなったら、見せてください。」と言われました。

 

そこで、あとは一人で色々と練習しました。

しかし普通に打つとスライス系でしたね。

本番でスライスが多い時は、それに徹し、その日には直しませんでした。

スライス系でしたら、少し左を狙って打てば、自然に真ん中方向に戻ってきます。

 

今まで教わったのはアメリカン打法です。

近頃は、新左1軸打法が取り上げられるようになりましたね。

最初から左足に8割近く体重を乗せておき、腰はあまり回さないで、上半身だけ回すのです。

いわゆるぞうきんを絞ったようなイメージで、インサイドインですね。

今はビデオを買って、これを練習していますが、新左1軸打法のコーチがあまりいないのが悩みです。


 - 雑談記事 , , ,


error: Content is protected !!