ゲートタワーIGTクリニック院長の堀信一医師 新カテーテル治療(血管内治療)を開発し世界へ広げる! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

ゲートタワーIGTクリニック院長の堀信一医師 新カテーテル治療(血管内治療)を開発し世界へ広げる!

      2015/12/08


4日のTBS「夢の扉+」は、世界が注目!がんをピンポイントで”兵糧攻め”!血管を詰まらせる治療法とは!?~患者に未来への希望をというテーマで放送される予定です。

その中で、ゲートタワーIGTクリニック院長の堀信一さんが登場します。

 

堀信一さんは、多忙な日々を送っているにも関わらず、柔軟な心を失っていません。

治療の現場で過ごす毎日では、恐らくは感情を締め出し、理性での対処を迫られるはずです。

にもかかわらず、なぜこれほどの心を震わせるようなブログを書きだす心を持ち続けていられるのでしょうか。

ゲートタワーIGTクリニックのホームページ内にある院長ブログを拝見すると、達意の文章であるばかりではなく、心の襞に分け入るような、しみじみとした香りが漂っています。

短いブログで、これほどにも人を引き付ける生き方を開陳できる力は何なのでしょうか。

 

堀さんの業績は、数多くあります。

確実かつスムーズなカテーテル治療(血管内治療)を開発し、世界に広げていってること。

患者の治療法の可能性を広げてくださったこと。

病院そのもののレベルをを上げようと努力している最中でおられること。

立派な後継者の一人として、息子さんも育てられたこと。

ご自身の次の医師たちの育成を視野に入れつつ、今日現在の治療を日々ペースでレベルアップをされていること。

国際的に情報を発信することにも努力を積み上げてこられたこと。

 

「熟年」という言葉は、誰もが年を経てくれば使っている言葉で、そこには何の計測も無しに、ただ年を重ねれば皆「熟年」となっていきます。

しかし、「完成度」という尺度をもって人を測ると、熟年の人間たちの品質には、ばらつきが有ることに気がつきます。

ゲートタワーIGTクリニック院長の堀信一さんの人間としての「完成度」の高さは、群を抜いて高く、生み出した治療法は、まさに「熟年」のなせる技と言えるでしょう。


 - ホットな記事


error: Content is protected !!