アナ・イバノビッチ モデルや資生堂のアンバサダーとしても活躍!美しすぎるテニスプレイヤー! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

アナ・イバノビッチ モデルや資生堂のアンバサダーとしても活躍!美しすぎるテニスプレイヤー!

      2015/12/03


9月21日から9月27日にかけて東レ・パンパシフィック・オープンテニスが行われています。

その大会に出場している昨年の優勝者アナ・イバノビッチ選手を紹介したいと思います。

 

アナ・イバノビッチ選手は、1987年11月6日生まれ・セルビア出身のテニスプレイヤーです。

彼女がテニスに興味を持つようになったのは、子供の時に同じセルビア出身の名選手モニカ・セレシュのプレーに感銘を受け、両親にテニスラケットとテニススクールに入らせてほしいと頼んだのが最初でした。

しかし、当時のセルビアのテニス事情は貧しく、水を抜いたプールをテニスコート代わりとして練習することもあっただけでなく、コソボ紛争によるNATO軍の空爆で命の危険にさらされることもありました。

そんな環境でも彼女は強い意志でトレーニングに励み、2003年にプロテニスプレイヤーになります。

プロデビューから4年後の2007年に彼女の才能が大きく開花します。

その年に3つのツアータイトルを獲得し、5月には世界ランキングトップテンに入るだけでなく、全仏オープンで初のグランドスラム決勝に進出するなど躍進します。

そして、翌年の2008年に彼女は更に飛躍します。

4大大会初戦となった全豪オープンでも決勝進出を果たし、世界ランキングも自己最高の2位になった勢いで臨んだ、全仏オープンでグランドスラム初優勝を飾り、世界ランキングも1位になるなどテニスプレイヤーとして頂点に立ちます。

しかし、その後イバノビッチ選手の戦績は低迷を始め、4大大会でも苦戦が続きますが、2015年の全仏でベスト4に入るなどここ数年は上昇の気配を見せ始めています。

 

テニスプレイヤーとしての彼女の特徴は、女子選手の中でも際立つ186㎝の長身から威力のあるショット繰り出す所にあります。

また、長身選手は敏捷性に欠けるというイメージがありますが、彼女の場合、それを感じさせないほど俊敏に動いて、相手選手のショットを返して行くだけでなく、相手の攻撃に対して柔軟に対応していく器用さも兼ね備えているのも武器です。

オフコートでは、資生堂のアンバサダーを務めたり、美しいモデルとしても活動するなど、プレー以外の面でも注目を集めるのも特徴と言えます。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!