畠山健介 ヤクルト畠山和洋と兄弟?大震災で綾夫人との結婚式延期の過去も! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

畠山健介 ヤクルト畠山和洋と兄弟?大震災で綾夫人との結婚式延期の過去も!

      2015/12/01


9月18日~10月31日にラグビーワールドカップ2015がイングランドで開催されます。

そのラグビーワールドカップ2015に出場する日本代表のメンバー畠山健介選手をご紹介したいと思います。

 

畠山健介選手は、1985年 8月 2日生まれ、宮城県気仙沼市出身。

現在は、サントリーサンゴリアス所属のラグビー選手です。

中学時代は、バスケット選手として活躍していて、ラグビーを始めたのは高校時代とトップ選手としては遅かったですが、瞬く間に頭角を現し、所属する仙台育英高校は、全国大会にも出場し高校日本代表にも選ばれます。

そして、進学した名門早稲田大学では、主力選手として在学4年間で3度の日本一に輝くなど目覚ましい活躍をみせました。

卒業後は、大学時代の恩師である清宮監督が指揮を執るサントリーに加入します。

サントリーでも国内最高峰のラグビートップリーグのタイトルを2度、日本選手権を3度獲得するなどチームとして日本一のタイトルを何度も獲得するだけでなく、個人でもトップリーグベスト15に2008-2009シーズンから2013-2014シーズンまで6年連続で選出されるなど名実ともに日本を代表するプレイヤーへと成長します。

そんな畠山選手は、2008年のアメリカ戦で日本代表としてデビューを飾り、2011年のラグビーワールドカップでは主力選手として全4試合に出場を果たしますが、日本代表は未勝利に終わりました。

 

畠山選手は、プロップというラグビーの中でも特にボディーコンタクトが激しいポジションのプレイヤーということもあり、身長178cm・体重115kgという日本代表の中でもがっちりした体格が特徴ですが、大学時代に「空飛ぶ横綱」というニックネームがついたように、見た目から想像できない機動力が魅力です。

また、走力だけでなくグランド全体を見渡す視野の広さや、バックパスを決めたりする器用さも兼ね備えているのも特徴です。

日本代表は、エディー・ジョーンズヘッドコーチのもと、体格で勝る外国人選手に当たり負けないフィジカルの強化と日本らしいスピーディーな攻撃の二本柱を中心に強化を進めてきましたが、畠山選手も一時は120㎏以上あった体重を減量して、さらなる走力アップをしつつ、筋肉量を増やして減量によるパワーダウンを抑える肉体改造を行い、成果を上げていています。

 

そんなラグビーの畠山健介選手は、ネット上ではもっぱら東京ヤクルトスワローズの畠山和洋選手と似ている言われていて、兄弟ではないかと疑われているほどです。

 

a0216925_23522091

 

alliwate_02

 

 

medium_PR__

 

3501

 

確かに顔の骨格と同じようなスタイルのヒゲなので、似てると言われれば似てますね(笑)

ちなみに残念ながら?兄弟ではありません。

 

また畠山選手は、2011年3月の東日本大震災の時に、宮城県気仙沼の実家が津波で流されるという不幸に見舞われ、綾夫人との結婚式も延期するという過去もあったそうです。

被災地を元気づけるニュースを届けたい思いも強い畠山選手、ワールドカップ本大会でも活躍が期待されます。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!