藤田慶和 現役大学生ラガーマンの筋肉がすごい!身長や進路は?弟もラグビー? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

藤田慶和 現役大学生ラガーマンの筋肉がすごい!身長や進路は?弟もラグビー?

      2015/12/03


19日の読売テレビ「あすリート」は、ラグビーの日本代表の藤田慶和選手が登場する予定です。

 

藤田慶和選手は、京都府出身の22歳。

小学3年生からお父さんが教えるスクールでラグビーを始め、高校は福岡の東福岡高校へ進学しました。

現在は、早稲田大学スポーツ科学部4年の現役大学生ラグビー選手です。

国内のプロのスカウトからは既に多くの注目を浴びていますが、ワールドカップで活躍することで海外チームのスカウトからも注目されれば、来年春には大学卒業となるので、今後の進路も非常に気になりますね。

ちなみに弟も同じ東福岡高校に進学し、ラグビーをやっていたそうです。

 

藤田選手がラグビーファンから注目されるようになったキッカケは、東福岡高校時代の2010年の全国高校ラグビー大会で1年生の時からレギュラーとして優勝に貢献した時です。

そこから、2011年・2012年も主力としてチームを引っ張り、公式戦79連勝(1引き分けを含む)で全国大会3連覇の大記録を打ち立てました。

そんな藤田選手の活躍は、高校レベルを飛び越え、高校3年生の時には7人制日本代表にも選出され、ニュージーランドへラグビー留学も経験します。

東福岡高校を卒業した藤田選手は、名門早稲田大学に進学し、1年時には史上最年少(18歳7カ月27日)での日本代表デビューを飾るなど、順風満帆に見えた選手生活を送っていたのですが、彼に試練が襲います。

2012年には、左膝靱帯断裂の大ケガを負ってしまい、復帰するまでほぼ半年ほどかかってしまいました。

また、2014年には右肩を脱臼してしまうなど、大学時代は怪我に泣かされ続けてきました。

しかし、リハビリを乗り越え、2014年12月にチームにも復帰して、ラグビーワールドカップのメンバーにも選ばれました。

リハビリ時にも筋力トレーニングを行っていたのか、ユニフォーム越しでも筋肉がすごい事が分かります。

 

藤田選手の魅力は、身長184cm、体重90kgという恵まれた体格に加えて、50メートル6秒1のスピードも兼ね備えている所です。

スピードのある日本人選手は多々いますが、藤田選手のようにパワーとスピードの両方に優れたプレイヤーは稀です。

また、彼は足のストライドが大きく、ボールを持ってステップを切って走り出すとダイナミックで躍動感があり、その点も日本人離れしています。

さらに、藤田選手は代表デビューで歴代2位タイとなる6トライを奪うなど大きな大会で結果を出し続けてきた勝負強さもあり、1991年のワールドカップから勝利のない日本代表を勝利に導くプレーが期待されます。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!