登坂絵莉 かわいいワールドカップ覇者の筋肉がすごい!血液型は? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

登坂絵莉 かわいいワールドカップ覇者の筋肉がすごい!血液型は?

      2015/12/03


9月7日から13日までレスリング世界選手権がアメリカで開催されます。

その大会に登坂絵莉選手が出場予定です。

 

登坂絵莉選手は、1993年8月30日生まれの22歳で、富山県高岡市出身の女子レスリング選手であり、現在至学館大学在学中です。

血液型の情報は見つかりませんでした。

担当コーチは栄和人さんで、吉田沙保里選手のコーチと同じです。

日本が伝統的に強い女子レスリングで48Kg級での優勝で、何か柔道の「やわら」ちゃんを彷彿とさせる姿です。

画像や動画などを見れば、かわいい顔に似合わない筋肉がすごく目につきます。

 

彼女は2012年カナダのストラスコナカントリーで開催された世界選手権決勝でベラルーシのワネサ・カラジンスカヤと対戦し、判定のもつれから悔しい2位に甘んじています。(日本では誤審として知られており、審判長を務めたマリオ・サレトニングジ自身もそれを認めています。)

2013年9月のレスリング世界選手権で、決勝でベネズエラのマリエス・カリパににテクニカル・フォール勝ちをおさめ、初の世界女王に輝きました。

2014年はワールドカップで優勝、世界選手権の決勝では、ポーランドのイウォナニナ・マトコフスカに10-2の大差をつけて勝利をおさめ世界選手権2連覇を達成します。

さらに2014年のアジア大会では2013年の51Kg級世界チャンピオンである孫亜楠を5-1で破って優勝。

2015年の全日本選手権では4連覇を達成しています。

 

女子レスリングはなぜか日本は強いですが、世界的に活動が少ないのかもしれません。

レスリングは、オリンピックの除外候補となり、最終的には最後の一枠で除外を免れました。

しかし、世界的に普及するには、アメリカなどの一流国から優秀な選手が出て来る事が一番良いように思えます。

一つの競技が世界的になるには、その競技に参加する国が多く、競技人口が多数であることが最低条件になりますが、これからは日本レスリング協会も、まだレスリング競技発展途上国での地道な展開が必要ではないでしょうか。

女子の場合、結婚や子育てなどもあり、海外への展開は難しいかも知れませんが、コーチである男性陣は積極的に海外へ展開し、海外選手の育成に努めるなどの努力が必要ではないかと思います。

皆さんにも是非レスリング世界選手権に注目していただいて、レスリング競技が世界的に広まるキッカケになってほしいです。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!