鈴木亜由子 入院歴や身長は?山本修平と仲がいい?かわいい陸上選手のWiki風プロフィール! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

鈴木亜由子 入院歴や身長は?山本修平と仲がいい?かわいい陸上選手のWiki風プロフィール!

      2015/12/05


27日の世界陸上2015北京で女子5000mを走るのは、小柄でキュートな鈴木亜由子選手です。

1991年10月8日生まれの154cm。

小学校2年生の時に愛知県豊橋陸上クラブに入り練習を積んで、めきめきと実力をつけ、中学2年生の時には全国大会1500mで優勝しています。

天性の才能が開花されたといっても良いのではないでしょうか。

大学進学時には、親元を離れ名古屋市内で一人暮らしをしながら名古屋大学に進学します。

男子選手と同じ練習メニューをこなし、大学2年生では日本学生選手権5000mで優勝、その翌年のユニバーシアード1万mでも優勝を果たしています。

余談ですが、同じ愛知出身の山本修平選手と仲が良かったんだとか。

卒業後、2014年には日本郵便に入社、全日本実業団対抗選手権女子5000m第2位、国際千葉駅伝日本代表 区間1位に輝いています。

そして、素晴らしいのは2014年度の女子3000m、5000mの日本ランキング1位を獲得しています。

日本郵政グループ女子陸上部のキャプテンを務めており、可愛らしく素朴な笑顔が彼女の魅力の一つです。

美人アスリートとしてファンも多い彼女のどこにそんな強さがあるのでしょうか。

筆者なりに深く考えてみました。

 

インタビューで鈴木亜由子選手はこう答えています。

「日本でトップレベルの選手になって世界でも戦いたい。オリンピックは今の力ではまだ無理。マラソンも興味がある」と。

小学生の頃から陸上エリートとして注目を浴びていて、周りからも勝つのが当たり前に思われるプレッシャーの多い生活、しかしながら自分を追い込みストイックな練習を続ける彼女に芯の強さを感じざるを得ません。

日本ランキング1位を獲得してもまだ、実力はまだまだと向上心を見せています。

また、郵政陸上女子のキャプテンでありながら「あゆちゃん」と呼ばれる親しみやすさ愛嬌のある笑顔もファンの心を捉えてはなさないのではないでしょうか。

 

そういう筆者も鈴木選手のファンの一人です。

以前、彼女が高校生の時に疲労骨折で入院をして思うように成績が伸びなかったことがあります。

けれど、それを乗り越えての2014年の彼女の輝きには見事なものがありました。

名古屋大学での8人ごぼう抜き、記憶に新しい国際千葉駅伝での6人ごぼう抜きはとんでもなく素晴らしいものがありました。

白熱した戦いに駅伝って、こんなに面白いものだったか!と改めて感動しました。

テレビで駅伝を見て、身震いがしたのは生まれて初めてでした。

かわいい彼女が今回の世界陸上でどうような活躍を見せてくれるのか。

また、身震いするような感動がしたい!

そして、キュートな笑顔に期待です!


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!