澤穂希の過去のめまいの病気とは?結婚を考えた元恋人の存在とは? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

澤穂希の過去のめまいの病気とは?結婚を考えた元恋人の存在とは?

      2016/01/03


なでしこジャパンのエースで、2011年のFIFA女子ワールドカップの優勝の原動力となった澤穂希選手が、6月にカナダで行われるワールドカップのメンバーに選ばれました。

なんと今大会で、澤選手は6大会連続6度目のワールドカップとなります。

これは男女通じても史上初の快挙らしく、さらに過去FIFA最優秀選手賞を受賞していることから、完全に女子サッカー界のレジェンドの域に達しています!

直近のなでしこジャパンの試合には召集されておらず、今回は逆転での選出となったのですが、澤選手が前回のワールドカップ以降に病気を患っていたことをご存知でしたか?

 

その病名とは良性発作性頭位めまい症というものです。

これは、電車や車などの乗り物に乗った時や、体を動かしたりする時に、めまいがするという症状です。

体を動かしたり、長時間の乗り物移動が付きもののアスリートにとっては、割と深刻なものなのですが、病院で治療すれば完治するものらしいです。

治療法なのですが、サッカー選手は競り合いの時に、選手同士が激しくぶつかりあったり、サッカーボールをヘディングすることなどによって、三半規管にごみ(耳石)が入って、この症状が起こるのですが、この耳石を元の位置に戻すというもので、元に戻せばその耳石が処理されて治るとの事です。

 

さて、過去にそういった病気も克服して、活躍し続けている澤選手ですが、その裏には元恋人の存在も大きいんです。

澤選手が、アメリカのリーグでプレーしていた頃、アメリカ人男性の恋人がいました。

そしてアメリカ女子プロリーグが休止になった際に、サッカーを辞めて、恋人との結婚を考えていたのですが、そんな彼に「僕と結婚して、サッカーを辞めたとしても後悔はしない?私は君にサッカーをしていてほしい。」と言われた事がキッカケで、日本に帰国してサッカーを続けることを決意したと言われています。

 

6月から始まるワールドカップでは、是非ゴールを決める活躍をして、輝いている澤穂希選手の姿を見たいですね!


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!