越前打刃物 テーブルナイフや包丁「ブレイゼン」の刀紋が美しく切れ味抜群!気になるお値段は? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

越前打刃物 テーブルナイフや包丁「ブレイゼン」の刀紋が美しく切れ味抜群!気になるお値段は?

      2015/12/08


18日のNHK BSプレミアム「イッピン」は、福井の越前打刃物のステーキナイフが紹介される予定です。

 

この越前打刃物は、大変素晴らしいものだと思います。

筆者自身、料理をするのでよく分かるのですが、包丁一つによって仕上りであったり、味が全然違ってきます。

越前打刃物はとても使い勝手がよいこともありますが、何よりも筆者が素晴らしいと思うのは手への馴染み方です。

包丁も野球のバットなどと同じで、使用をすればするほど手へと徐々に馴染んできます。

普通の包丁だと馴染んだとしても、手と全く同じようには扱えませんし、馴染むのに時間がとてもかかります。

しかし、越前打刃物だと手に馴染んだ際にまるで本当の手のようにスムーズに動かせますし、違和感が全くなくなります。

また、他の包丁と比べて馴染むスピードが段違いに早いです。

実家が飲食店をやっているため、頻繁に色々な包丁を使用をした事がありますが、越前打刃物は別物と言えるくらい使い勝手も馴染みやすさも段違いです。

仕上りについても機能性を重視している包丁が多いため、素材自体をあまり傷つけずに調理をすることができます。

素材本来の繊維をあまり傷つけることが無いため、仕上り自体が他と比べて綺麗にできます。

 

また、「BLAZEN(ブレイゼン)」という洋食系シェフ向けの包丁も越前打刃物でありますが、これも扱いやすく機能性を重視した使いやすさです。

「太すぎず、長すぎず、重すぎず」をコンセプトに作られた包丁ですが、コンセプトどおりに扱いやすいように計算され尽くした逸品だと筆者は感じました。

数回ほどしか使用した経験はありませんが、包丁のしなりがとても良く、野菜等を切る際は潰れにくいです。

また、適度な重みもある為、肉や魚などを捌く際には力が一般的な包丁ほど必要ありませんので、負担をあまりかけずに綺麗に捌くことができます。

 

このように機能性を重視してくれたり、様々な気配りが行き届いた越前打刃物ですが、値段に関しては若干一般的な包丁よりも高いです。

大体の目安としては種類にもよりますが、一本あたり3万~6万ぐらいだと考えたほうがいいかと思います。

興味のある方や包丁を良いものに買い替えたい方は、是非利用してみるといいかと思います。


 - ホットな記事


error: Content is protected !!