低カロリーでダイエットに適し、美肌効果も高い昆布!その昆布の様々な種類をご紹介! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

低カロリーでダイエットに適し、美肌効果も高い昆布!その昆布の様々な種類をご紹介!

      2015/12/08


昆布は、ビタミンやミネラルが非常に豊富です。

低カロリーで食物繊維を多く含み、ダイエット食として優れているだけでなく、肌を美しく整え、新陳代謝も促進してくれます。

また腸の働きを活発にし、高血圧、糖尿病予防にも効果があるアルギン酸、ガン予防効果があるフコダインも豊富に含んでいるなど、まさに天然の薬です。

 

《語源》

奈良時代から「続日本紀」などの文献に登場し、古くは「広布」、これを音読みして「コンブ」になりました。

またアイヌ語で「コムブ」といい、それが「コンブ」となりました。

平安時代から「こふ」「こんふ」の呼称が登場します。

 

《日本各地で海を浄化》

夏から秋に収穫され、乾燥させて出荷します。

数年寝かせた方が味が良いとされており、旬は周年です。

ただし、三陸・東京湾をはじめ、生で出荷する所もあります。

東京湾などでは、海の浄化に役立っています。

 

《籠城用食料にもなったアラメ》

アラメはコンブ科の海藻で、コンブよりやや食感が硬いです。

油揚げや竹輪とともに煮つけるのが一般的です。

カルシウムや食物繊維が多く、栄養面で実に優れています。

戦国時代の猛将加藤清正が築いた熊本城では、壁の内部に籠城用の食料としてアラメがぎっしり詰め込まれていたといいます。

 

《日高昆布》

値段の安さから最も庶民的なものです。

くせのない、いい出汁が取れるうえ、昆布自体も柔らかく、煮てもおいしいです。

 

《長昆布》

長昆布をよく食べるのが長寿を誇る沖縄です。

炒めたり煮たり、出汁をとったり広く活用されます。

昆布自体も柔らかく、よく食用されます。

 

《羅臼昆布》

濃厚な色の濃い出汁がとれます。

食べる事もできますが、出汁専用です。

昆布類では、利尻昆布とともに高価なものです。

 

《利尻昆布》
最も高級な昆布で値の張るものです。

澄んでいて非常に強い旨味と甘みのある出汁が取れ、贅沢な味わいですが、食べるには硬いです。

 

《真昆布》

高級昆布の一つです。

出汁にも使え、佃煮、こぶ巻き、おぼろこんぶなどにもなります。

結納や正月飾りにも使われます。


 - 雑談記事 , ,


error: Content is protected !!