勝山良美(株式会社YOSHIMI代表) 北海道で土産用スープカレーやお菓子が大ヒット!再婚で嫁を4度もらったプロフィールとは? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

勝山良美(株式会社YOSHIMI代表) 北海道で土産用スープカレーやお菓子が大ヒット!再婚で嫁を4度もらったプロフィールとは?

      2015/12/08


18日のテレビ東京「ガイアの夜明け」では、”意外なコラボ”が…これまでにない商品を作るというタイトルで放送される予定です。

その放送の中で、株式会社YOSHIMIの代表である勝山良美さんが登場されます。

 

勝山さんは、以前同じくテレビ東京で放送されていたソロモン流にも出演されていました。

そんな勝山良美さんは、仕事もプライベートも少し変わった経歴や経験をしています。

勝山さんは、18歳の時に食に出会い、菓子事業展開で独立します。

それから14年後の32歳の時に、北海道の札幌でYOSHIMI本店というレストランを始めます。

その7年後の39歳の時には、YOSHIMI本店の経営者として活躍する一方で、料理人に転向し、13店舗のレストランやスープカレー屋も経営します。

さらにその16年後の2006年55歳で、レトルトスープカレー「じゃがいもチキン」とカレーせんべい「カリカリまだある?」を観光みやげ用に開発・販売をします。

この二つの土産は、爆発的に大ヒットし、北海道で約5年で38億円の売り上げを産みだす快挙を成し遂げ、お土産制作プロデューサーという確固たる地位を確立しました。

そして何かと取り上げられているこのスープカレーなのですが、試行錯誤を何度も繰り返したYOSHIMIの定番商品として一番の売り上げを誇っているそうです。

 

そしてプライベートでの勝山さんは、なんと4回ご結婚をなされ、離婚も3回経験しているという波乱万丈な人生を送る方でもあります。

ちなみに現在の奥様は、なんと28歳年が下だそうです(笑)

勝山さんは、若い年からストイックに様々な事に取り組んで、失敗しながらもそれを糧にして成功を収めた人物と言えます。

そんな勝山良美さんの生き様は、あのYOSHIMIのスープカレーの中に全て詰まっているように思えます。


 - ホットな記事


error: Content is protected !!