株式会社エバートロン Dr.Fryをフライヤーに入れるだけで食感や美味しさが向上?レンタルしたお店の感想も! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

株式会社エバートロン Dr.Fryをフライヤーに入れるだけで食感や美味しさが向上?レンタルしたお店の感想も!

      2015/12/31


19日のTBS「がっちりマンデー!!」では、ブルブル新企画!「儲かる振動ビジネス」と題して様々な振動に関わるビジネスを紹介しています。

その一つに「evertron」という技術で毎秒50,000回の電波振動を起こす業務用フライヤー後付けユニット「Dr.Fry」(ドクターフライ)という製品が紹介される予定です。

このDr.Fryは、フライヤーに入れるだけで食感や美味しさが大きく向上し、油切れも良いのでヘルシーでカロリーダウンの揚げ物ができます。

Dr.Fryは株式会社エバートロンが開発した製品で、販売はしておらず月額16,800円という価格でレンタルをしています。

立ち食いそばの富士そばを筆頭に多くの飲食店でレンタルしており、今後はさらにコンビニへの展開も狙っていて、それに伴い株価も上昇していくのではないでしょうか。

そんなDr.Fryを実際にレンタルしている方から、Dr.Fryを使用した際の感想をいただいたのでご紹介します。

 

私は定食屋を営んでいるのですが、揚げ物も一応は扱っています。

揚げ物はとても美味しくて人気があるからです。

揚げ物以外では味わうことのできない独特の美味しさがあることは誰もが認めるはずです。

けれども私のお店では最近はなかなか揚げ物のメニューを推進していません。

なぜかというと色々と時間も手間もかかってしまうからです。

どうしても揚げ物以外のメニューを推進して、揚げ物はなるべく行わないようにしてしまっています。

電子レンジや圧力鍋、便利なフライパンなど、様々な便利な調理器具がどんどん開発されてきました。

けれども揚げ物に関する調理器具だけはなかなか発達しません。

私のお店で揚げ物を推進しない要因の背景には、こういったことがあるはずです。

けれどもDr.Fryをレンタルしてからは、揚げ物のメニューを推進するようになりました。

なぜかというとDr.Fryは優れている点がとにかくたくさんあるからです。

Dr.Fryのおかげで、揚げ物に対して抱いていたマイナスのイメージは全く無くなりました。

具体的にどういうことかと言うと、まずDr.Fryを導入してからは、揚げ物を行いながら同時に焼くことや蒸すこともできるようになりました。

作業効率が格段にアップしたため、お客様に料理を提供できるスピードも早くなりました。

また、Dr.Fryを導入しただけで、油や作る人間、食材は一切変更していないにも関わらず、揚げ物が美味しくなりました。

これまで作っていた揚げ物は、時間が経過するとカリッとした食感がなくなり、ふにゃふにゃになってしまっていました。

けれどもDr.Fryを導入してから作った揚げ物は、いつまでもカリッとした食感が持続してくれるのです。

さらに、これまでは油や煙が大量に出てしまい、ほぼ毎月ダクトのメンテナンスをしなければなりませんでした。

しかしDr.Fryを導入してからは、ダクトのメンテナンスも年に一度行えば十分になりました。

本当にDr.Fryを自分のお店に導入して良かったなあと思います。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!