フローズンヨーグルト 生クリームを加えない作り方・レシピで低カロリーなヘルシーデザートに! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

フローズンヨーグルト 生クリームを加えない作り方・レシピで低カロリーなヘルシーデザートに!

      2015/12/31


フローズンヨーグルトは、果物と相性の良い、さっぱりとしていてかつヘルシーなデザートです。

透明ガラスの器にフレッシュなカットしたフルーツとミントの葉をトッピングし、ソースをかければ家でカフェ風のデザートとして楽しめます。

ホームパーティーやおもてなしの場にも出せば、大人だけでなく子供にも向いているデザートになりますね。

 

フローズンヨーグルトは専門店もあり、アメリカ生まれのピンクベリーは、新宿や銀座、丸の内などに店舗があり、フローズンヨーグルトのフレーバー・カップまたはコーン・そしてお好みのトッピングを選択して自分好みにカスタマイズできるお店です。

選ぶトッピングの種類によって見た目のビジュアルも変化するので、毎回訪れた時にそれも楽しみのひとつとなりますね。

 

また、フローズンヨーグルトは、自分で作ることも勿論できます。

レシピの材料はさまざまなものがありますが、主にプレーンヨーグルト・生クリームや練乳、またはコンデンスミルク・お好みのフルーツになります。

ヨーグルトはそのまま混ぜたり、水切りしたりとレシピにより異なりますが、作り方によりテクスチャーやテイストに変化が現れるので、いろいろと試してみることをおすすめします。

さらに生クリームを加えずに作るレシピもあり、その場合はカロリーが大幅にカットされるので、よりヘルシーなデザートとして果物そのものを主に楽しみたいという方にはおすすめです。

短時間で完成し、使用する材料も少ないので、暑い時期などに台所に立つ時間も短縮できるデザートだと思います。

カップに盛り付ける際は、さらにフレッシュな苺を添えれば全体がピンクやレッドのカラーリングが可愛らしい雰囲気になります。

またレーズンや杏などのドライフルーツを添えれば、食感や深みのある味わいもフローズンヨーグルトと相性が良く、ちょっと大人っぽく仕上げたい時にオススメです。

添えるフルーツは缶詰などを使用してみても良いでしょう。

彩り豊かに仕上げれば、パーティーシーンなどにもうってつけのデザートになります。


 - 雑談記事 , ,


error: Content is protected !!