[画像あり]ヘンプヒル恵 記録づくめのかわいい女子七種競技陸上選手!家族や身長は? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

[画像あり]ヘンプヒル恵 記録づくめのかわいい女子七種競技陸上選手!家族や身長は?

      2015/12/31


5日に長野市営陸上競技場で女子の陸上日本選手権混成競技(女子七種競技)が行われ、ヘンプヒル恵(ヘンプヒル めぐ)が初出場で初優勝を飾りました。

女子陸上競技界に新たなニューヒロインの予感です。

 

ヘンプヒル恵さんは、アメリカ人の父と日本人の母を持つ陸上競技選手です。

1996年の5/23生まれの19歳で現在は中央大学に所属しています。

主に七種競技で陸上活動をしていますが、短距離走などにも出場したりしています。

七種競技とは2日間かけて計七種目の競技を行い、各種目の得点を加算して優勝を決める競技です。

1日目に100mハードル、走り高跳び、砲丸投げ、200m走を行い、2日目に走り幅跳び、やり投げ、800m走を行います。

この女子七種競技は、短距離、中距離、長距離、投てき、跳躍と全て異なる能力を高いレベルで必要とするため、勝者はクイーン・オブ・アスリートと呼ばれています。

ちなみに筆者は、1種目でもボロボロです(笑)

 

ヘンプヒル恵さんは京都府京田辺市の出身なのですが、京都文教中学のジュニア時代から大活躍をしており、全国中学校体育大会の四種競技でも活躍していました。

その後の京都文教高校時代にも、全国高校総体七種競技で高校新記録と日本ジュニア新記録を打ち立てて優勝しています。

記録づくめで勝ち続ける強さに相反して、ルックスはいかにもハーフの顔立ちですごいかわいいです。

 

24622113-l

2014-07-25_234542

 

そんな美しすぎる陸上選手のヘンプヒル恵さんの身長は167cmで体重は59kgとアスリートの引き締まった体です。

そのタフネスさから鉄人の異名をとるアイアンガールのヘンプヒル恵さんですが、今大会が終わった後のインタビューでは「チョコのケーキが食べたい!」と笑顔で答え、陸上が終われば普通の女の子に戻る所がなんとも微笑ましいですね。

 

今後もヘンプヒル恵さんは、様々な大会で活躍されると思いますので注目し続けたいですね。

そして2020年に東京で行われるオリンピックには、24歳とちょうど脂が乗った時期に迎えるので、東京オリンピックの日本の顔として是非メダルを獲得していただきたいと思います。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!