中華料理の低カロリーな食材「干豆腐」!サラダや麺類にも使え、レシピも豊富! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

中華料理の低カロリーな食材「干豆腐」!サラダや麺類にも使え、レシピも豊富!

      2016/01/14


豆腐は健康食品として人々に愛されています。

普段スーパーなどの食品売り場では見慣れているのは勿論木綿豆腐、絹豆腐や厚揚げなどといった大豆製品は殆どですが、最近、日本ではまだ余り知られていない干豆腐(ガンドーフ)は非常にヘルシーでたくさん食べても低カロリーで、血糖値の急激な上昇を抑えるなど、美容と健康効果を期待され、取り組む人も多くなりました。

 

干豆腐は元々中国大陸で大衆的な食材として使っています。

一般的な豆腐の一種で、中華料理には歯ごたえのある豆腐として親しまれています。

一枚一枚薄く圧縮され、特殊な制作方法で作られています。

特徴は名前の通り「干」なので、保存期間は長いです。

素食では肉の代わりとして使われる事もあります。

一度も食べたことがない食感とお豆腐の風味がクセになります。

以前は、中華街では干豆腐料理を食べられましたが、日本ではなかなか入手できなかったです。

近年になって、横浜中華街や全国の中華食材店に限らず、ネット販売を始め、各地にある業務スーパーで買えるようになりました。

 

干豆腐は色々な調理法で食べられます。

日本では有名な中華風炒め料理の「尖椒干豆腐」は、中国東北地方では知らない人はいないほど有名な家庭料理です。

「尖椒」とは、ピーマンみたい青唐辛子が干豆腐と肉の炒め物で、辛く美味しいので、ビールが進むには最高です。

この他には、有名な北京料理で、春まきと似ている食べ方で、炒めた肉とネギなどを干豆腐で包んで食べる料理は、有名な北京ダックに負けないほどの美味しさで、女性にはピッタリのメニューになるかもしれません。

また麺をカロリーの少ない白滝や干豆腐などに置き替えるレシピがたくさん流行っています。

例えば、細く切ってキュウリとネギとかゴマダレに加え混ぜるサラダや干豆腐を使用した焼きそば、そうめん、パスタなど、工夫次第で色んな料理として使えますので、毎日の食事に取り入れてもらえ、低カロリー、高タンパク質な食品なので、健康的なダイエットをしたい人には大変理想的な食材です。


 - 雑談記事 ,


error: Content is protected !!