ココアバターとカカオマスが含まれるチョコレートは健康効果が高い? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

ココアバターとカカオマスが含まれるチョコレートは健康効果が高い?

      2016/01/14


チョコレートは肥満やニキビの原因になると思っている人は多いと思います。

またダイエットや美容のためにチョコレートを控えている人もいるでしょう。

 

以前チョコレートを1週間30g食べ続けた人と、1週間全く食べなかった人とを比較してどちらが体重が増え、またニキビができたかといった実験がアメリカで行われました。

食事内容や運動メニューなどはどちらも全く同じようにしてもらい、チョコレートを食べるか食べないかの違いで調査をしたところ、チョコレートを1週間食べ続けた人も、食べ続けなかった人もどちらも体重とニキビの有無に大差がなかったという実験結果が出ました。

その時に食べてもらったチョコレートは普通一般に販売されている有名メーカーのチョコレートでしたが、それは植物油脂を使用していないココアバターとカカオマスでできたミルクチョコレートでした。

チョコレートはカロリーが高いお菓子として知られていますが、ココアバターやカカオマスが多く含まれているほど健康効果が高いといわれています。

最近では、その健康効果が高いココアバターやカカオマスが配合されているということから、チョコレートを適度に食べるようにすれば健康維持ができるということで、健康志向の高い人の間では見直されつつあります。

 

またより健康効果を高めるためにカカオの配合を72%以上に高めた純チョコレートも人気を集めています。

しかしカカオ配合率の高いチョコレートの場合は、ミルクチョコレートに比べると砂糖の使用量は少ないものの、カロリーの方はむしろ純チョコレートのほうが高いということが分かりました。

ですのでカロリーを控えている人の場合は、普通のチョコレートよりは控えめに食べるほうが望ましいといえます。

ちなみにチョコレートは1日25gまでの量であれば、肥満の心配がないということも分かっています。

つまり他の食品でカロリーを過剰摂取しなければ、全く問題がないということです。

 

またチョコレートは、ココアバターとカカオマスを発酵させて作られた発酵食品であることは、あまり知られていません。

発酵食品は最近注目されている酵素が配合されているということで、人気を集めています。

チョコレートもただのお菓子ではなく、健康食品として認識されつつあるのです。


 - 雑談記事 ,


error: Content is protected !!