大垣水まんじゅう 期間限定のおすすめ和菓子を岐阜県大垣市へ観光し食べる! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

大垣水まんじゅう 期間限定のおすすめ和菓子を岐阜県大垣市へ観光し食べる!

      2016/01/04


3日のNHKあさイチの放送では「大垣水まんじゅう」を紹介する予定になっています。

この大垣水まんじゅうは、明治時代に大垣で生まれた伝統ある夏の銘菓です。

水の街として知られる大垣らしさを表現した水に沈められて売られている様子は、夏の風物詩でもあり訪れる人を涼しげな気持ちに誘います。

筆者は、数年前に大垣水まんじゅうがテレビのグルメ番組で取り上げられているのを観て知りました。

あっさり味の餡が葛とわらび粉を混ぜたみずみずしい生地とマッチおり、夏の和菓子として人気があるそうで、とても美味しそうで食べたいと思っていました。

その後、歴史好きな筆者は、2012年4月に大垣に「奥の細道むすびの地記念館」がオープンしたことを知り、7月頃に大垣に出かけました。

JR大垣駅から徒歩15分ほどの場所にある記念館へ向かう途中にもきれいな水が流れている川を通り、大垣が水の都である様子を肌身で感じました

記念館の見学を終え、再び大垣駅付近へ戻ってくると、金蝶園総本家という老舗和菓子店の前を通りかかり、お店の前で大垣水まんじゅうが販売されているのが目に入りました。

水に沈められて涼しげに売られている様子に、「あっ、これはテレビで観た大垣水まんじゅうだ」とすぐに分かり、買って帰ることにしました。

季節限定の銘菓ということでお店の中もたくさんのお客さんで賑わっていました。

筆者は、定番の味であるこし餡と抹茶餡の大垣水まんじゅうを買って帰りました。

冷蔵庫で冷やして食べたところ、冷たい外側の生地が適度に弾力がありながらみずみずしく、中のこし餡も甘さ控えめの上品な味でとても美味しく、つるんとした食感が夏にはとても合う和菓子だと思いました。

女性でも3個くらいはぺろりと食べられてしまう軽さがありました。

両親へもお土産に買っていったところ、とても気に入ってくれました。

このとき以来、暑い夏が来ると、あの食感が懐かしく無性に食べたくなる大垣水まんじゅう、今年も大垣まで足を伸ばして買いに行こうかなという気分にさせられるくらい今では大好きな和菓子になっています。

皆さんも今年の夏、大垣まで足を伸ばし、水まんじゅうを食べてみてはいかがでしょうか。


 - ホットな記事 , ,


error: Content is protected !!