株式会社ヒューマンウェブが安全な牡蠣(カキ)を店舗で提供できる理由! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

株式会社ヒューマンウェブが安全な牡蠣(カキ)を店舗で提供できる理由!

      2016/01/03


27日のYahooニュースの記事で、外食産業のカキの提供に関する記事が掲載されていました。

外国では、昔から生ガキを食べる文化が根付いているのですが、日本は近年まではそれほど多くありませんでした。

生ガキは食中毒の危険性があるため、日本の外食産業からは敬遠されてきたのです。

しかしながら、近年のオイスターバー市場を牽引しているヒューマンウェブは果敢に安全なカキの安定供給に取り組んできました。

 

株式会社ヒューマンウェブとは、「オイスターバー」という直営のレストラン事業を営んでいる会社、及び関連グループです。

オイスターバーというのは生ガキを提供しているレストランのことを指します。

生ガキを食事として提供する事は食中毒の危険を常にはらんでいますが、ヒューマンウェブのビジネスモデルは、安心できる安全な美味しい生ガキを安定して供給することができるように、オイスターバーで提供される生ガキは、“スペシャル・オイスター”と銘が打たれており、ヒューマンウェブグループが養殖したものであります。

もちろん食べられるのは生ガキだけではありません。

各種シーフードもリーズナブルな価格で美味しく食べる事ができますし、料理との相性が抜群に良いワインも取り揃えられています。

カジュアルスタイルのレストランながら、高級感が漂うシックな落ち着いた雰囲気のお店です。

 

前述でも少し触れましたが、この会社の特筆すべきは生ガキの安全性への取り組みです。

特殊な浄化加工によって、ヒューマンウェブのカキはウイルスを取り込むことが非常に少なくなっています。

しかしながら、自然の湾での養殖では、ウィルスの100%の排除はとても難しいのです。

そこでヒューマンウェブは、最初から全くウイルスに汚染されていない海水を利用した陸上プラントでのカキ養殖という試みに取り組んでおり、日本で初めて海洋深層水を利用した陸上プラントでのカキ養殖に成功しています。

更に安全性の高いカキを供給することが可能になりました。

 

今や外食でも手軽に食べられる生ガキですが、このように徹底した安全への取り組みがなされて初めて私達の前に出されているのですね。

これからも生ガキを安心して美味しくいただきましょう。

 


 - ホットな記事 , ,


error: Content is protected !!