ソフトバンクCMでお父さん犬の母役 若尾文子さんゲスト「サワコの朝」の感想! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

ソフトバンクCMでお父さん犬の母役 若尾文子さんゲスト「サワコの朝」の感想!

      2016/01/03


若尾文子さんが16日に放送された「サワコの朝」のゲストでした。「サワコの朝」は阿川佐和子さんが司会のトーク番組です。

阿川さんの紹介で登場した若尾文子さんは、やはりお着物を着ていました。

若尾文子さんと言えば、やはりお着物ですのものね。

阿川さんに「いつもお着物ですか?」と聞かれた若尾文子さんは、「いつもはお洋服ですが、仕事ではお着物が多い」と話されました。

 

その後、お若い頃の映画の映像や写真などが紹介され、本当に綺麗な女優さんだとあらためて感じました。

最近は、ソフトバンクのテレビコマーシャルで、白いお父さん犬の母親として、小さい子どもたちにも知られるようになったのだそうです。

「どうしてあのようなコマーシャルに出ることにしたのですか?」ということを聞かれて、「だって面白いでしょ」と笑っていました。

若尾文子さんらしいなあと思いました。

 

若尾文子さんの「今も記憶に残る思い出の1曲」は、ミュージカル「キャッツ」の「メモリー」でした。

和風の若尾文子さんからミュージカル「キャッツ」が出てきたので、阿川さんも少しびっくりされていましたが、若尾文子さんは「そうなんですよ」と答えていらっしゃいました。

この曲に関するエピソードについては、ちょっと聞き逃してしまいました。

お若い頃の映画のお仕事で、頭を五分刈りにしなくてはいけないものがあり、芸能界入りを反対されていたお父様に見られないように押入れに隠れていたというエピソードを話されていました。

小津安二郎監督のことが大好きだったそうで、お着物だったかな?なにかをプレゼントしてくれるという約束をしたそうなのですが、小津安二郎監督が亡くなってしまったので、その約束は果たされなかったそうです。

でも、小津安二郎監督のような人と結婚できたらなあと思ったそうです。

 

三島由紀夫が映画に唯一出演したときに、若尾文子さんが相手役に指名されたそうです。

撮影の後に、三島由紀夫が「明日からアメリカに行くんだけど…」などと言って、ダンスに誘ったそう。

でも、若尾文子さん曰く、頭の切れる人は運動神経がちょっと…というような感じだったそうで、一緒にアメリカに行くことはお断りしたとかそういう話もしていました。

黒川紀章さんとのエピソードや、2曲目の「千の風になって」を聴いているときに表情も良かったです。


 - ホットな記事


error: Content is protected !!