囲碁のルール知ってる?初心者が基礎講習を受けた体験談!ネットの無料ゲームで全国対戦も! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

囲碁のルール知ってる?初心者が基礎講習を受けた体験談!ネットの無料ゲームで全国対戦も!

   


人それぞれ趣味といっても色々ありますよね。

例えば囲碁、将棋、マージャン、絵画、カメラ、テニス、ゴルフ等。

どれも歳をとってからもできますが、お金があまりかからないのは囲碁や将棋でしょう。

カメラは多少お金がかかりますが、あっちこっちへ歩くので体には良い趣味だと思います。

 

その中で筆者のおすすめなのは囲碁です。

囲碁は黒石と白石を交互に打っていって、いかに多くの陣地を取るかのゲームです。

単純な割に実は奥が深いゲームで、老若男女ができます。

指先と頭をそれなりに使いますので、お年を召した老人の方々のボケ防止にもいい趣味だと思います。

 

筆者は、横浜市緑区の広報で囲碁の初心者を募集しているのを知り応募しました。

7回ほどの基礎講習があり、日本棋院の横浜支部の方達3人くらいが先生をしてくれました。

最初の方の講習では、囲碁の心得や言葉の意味を教科書に沿って解説してくれました。

こういった言葉の意味などは囲碁の初心者用の本にも書いてありますので、講習が受けられなくても大丈夫です。

そして後半の講習では、実際に生徒同士で対局をしました。

生徒は皆初心者でしたので、とんでもない手を打っていたと思います(笑)

それを先生がぐるぐる回って、色々と教えてくれました。

 

基礎講習が終わる頃になって、先生の勧められたお店で囲碁の石と碁盤を買いました。

最初はそんなに高くないものでいいと言っていたので手ごろな値段のものをチョイス。

初心者用の本も購入し、本を読みながら石を並べていました。

 

その後に碁会所に6か月通いました。

1回入るのに1,000円で、時間制限はありません。

ここではまず先生についてもらい、その後は先生が指名した方と対局しました。

囲碁はその棋力によってハンデが付けられるのですが、それを置き碁といいます。

少し強い人と2子くらいで打つのが一番勉強になり、NHKでも講習をやっていますね。

 

その後にインターネットの無料ゲームをダウンロードしました。

インターネットの囲碁は全国の知らない人と対局するのですが、それこそ老若男女が参加しています。

人と人がやるので、時にはポカもあったりして非常に面白いです。

今では囲碁のネット対戦が筆者のライフワークの一部になっています。


 - 雑談記事 , ,


error: Content is protected !!