川中香緒里(近大)→(ミキハウス)  早川漣・蟹江美貴とロンドンで銅メダル!永峰沙織・林勇気と挑むリオでは? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

川中香緒里(近大)→(ミキハウス)  早川漣・蟹江美貴とロンドンで銅メダル!永峰沙織・林勇気と挑むリオでは?

      2017/12/01


8月5日~8月21日にリオデジャネイロオリンピックがブラジル・リオデジャネイロで開催されます。

そのオリンピックにアーチェリーの個人・団体で出場するアーチェリーの川中香緒里選手を紹介したいと思います。

 

川中選手は鳥取県出身の24歳、スポーツ選手としてしっかりと脂の乗った年齢でもあります。

強さを秘めたシャープな顔立ちですが、かわいいので男性ファンも多いです。

なでしこジャパンの川澄選手との対談では、あまり怒らない性格だと自分でおっしゃっています。

集中力が何より鍵であるアーチェリーは、そういう何事にも動じない精神力の強さが要求されるのでしょう。

 

2012年のロンドンオリンピックでのアーチェリーで日本女子は団体戦で見事に3位の銅メダルを獲得しました。

早川漣、蟹江美紀選手とチームを組んで出場した川中選手は当時20歳でした。

その後2014年アジアグランプリ個人で優勝、翌年の上海でのワールドカップでも準優勝と20代の若い選手ですがメキメキと頭角を現しています。

 

そんな川中香緒里選手、小学校時代はバレーボール部、中学時代はソフトボール部と色んなスポーツで頑張っていたそうです。

アーチェリーを始めたのは高校進学後でしたが、在学中にジュニアナショナルメンバーりを果たし、テヘランでのアジア選手権では団体戦の優勝経験もあります。

大学は大阪府東大阪市にある洋弓部も盛んな近畿大学に進学します。

アーチェリー男子の古川高晴選手も近畿大学に職員として所属されていますね。

しかし川中選手は近畿大学には3年しか通われていなかったそうで、4回生になるはずの年の4月にミキハウスに就職されています。

蟹江美紀選手も近畿大学からミキハウスに進学されていますので、これってもしかするとアーチェリー選手のエリートコースなのかもしれないですね。

現在は、その多くのスポーツ選手を抱えているミキハウスに所属しています。

 

さて直前に迫ったリオオリンピックで2度目のオリンピック出場となる川中香緒里選手。

日本代表として大いに活躍が期待できそうですね。

 

ぜひオリンピック2大会連続でのメダルを獲得して、そのかわいい笑顔がたくさんテレビで見られることを楽しみにしています。


 - ホットな記事 , ,


error: Content is protected !!