渡辺一平 大分県津久見市出身の水泳選手のWiki!身長は?リオ・東京でメダルを目指す! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

渡辺一平 大分県津久見市出身の水泳選手のWiki!身長は?リオ・東京でメダルを目指す!

      2017/12/01


8月5日~8月21日にリオデジャネイロオリンピックがブラジル・リオデジャネイロで開催されます。

そのオリンピックに水泳の男子200m平泳ぎで出場する渡辺一平選手を紹介したいと思います。

 

渡辺一平(わたなべ いっぺい)選手は大分県津久見市出身、身長193cmという長身を武器にした大物ルーキーです。

彼は爽やかでユーモアがあり、自信に溢れた好青年です。

なんでも、早稲田大学に進学したのは「カッコいいから。早大ボーイと名乗りたいから。」という理由であるとか(笑)

 

そんな渡辺選手は、小さい頃からほぼ平泳ぎ専門で泳いでおり、中学2年の時には第33回全国JOCジュニアオリンピックに出場しています。

高校3年生の最後に出場したジュニアオリンピックでは、100m・200m平泳ぎの二冠を制覇し、最優秀選手として表彰されました。

また2014年のユース五輪では、200m平泳ぎで金メダルを獲得しています。

 

渡辺選手は、日本の平泳ぎ選手では珍しい長身で長い手足を生かすダイナミックな泳ぎ方、そして後半の追い込みが非常に魅力的な選手です。

記録もグングンと伸びており、日本選手権・リオオリンピック代表選考会では2位でリオオリンピック出場権を獲得しました。

彼の横を泳いでいた北島康介選手の事を「大きく見えて本当に怖かった。」と言っていましたが、自信を持っていた終盤50メートルで一気に逆転をしました。

先輩達からも「お前の横で泳ぐのは嫌だ。」と言われるほど、後半の追い込みは凄まじいものがあります。

 

リオオリンピックはもちろんのこと、4年後の東京オリンピックでもダイナミックな泳ぎでメダルを取ってくれそうな渡辺一平選手。

本人も東京オリンピックでは、世界新記録をマークしたいと意気込んでいます。

北島康介さんが引退して、一つの時代が終わりましたが、渡辺一平という新たな時代が今始まろうとしています。


 - ホットな記事 , ,


error: Content is protected !!