ジントニックの作り方や味で、お店・バーテンダーの質を見抜ける理由! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

ジントニックの作り方や味で、お店・バーテンダーの質を見抜ける理由!

      2016/01/03


BARにいって一杯目に何を飲むかというのは、実に悩ましい問題ですが、最もポピュラーなのがジントニックです。

作り方は実に単純で、氷の入ったタンブラーにジンとトニックウォーターを注ぐだけ。

基本的にはこの作り方なのですが、単純なものほど難しいとはよく言ったもので、シンプルだからこそ様々なこだわりを持つことが出来ます。

例えば、ジンといってもどの種類のジンを使うのか。

BARの多くで標準的に置いているのは、世界的に名の知れたゴードン、ビーフィーター、タンカレー、ボンベイサファイアの4種類です。

これは殆どどこのお店にも置いてある四天王ともいうべきポピュラーなジンです。

種類だけでなく、温度管理も冷凍なのか冷蔵なのか、あまり無いけど常温なのかのこだわりもあります。

さらにトニックウォーターもどこのメーカーのを使うのかのこだわりもあるし、さらにライムをどうするのかにも違いが出てきます。

ライムを絞って皮ごとグラスの中に沈めるのか、ライムは事前に絞っておいて果汁だけを加えるのか、それともまったくライムは使わないのか。

さらにビターズという苦味をプラスする液体を数的たらすのか否か…なんて様々なこだわりがあり、各店舗やバーテンダーごとに自分が信じるジントニックを作りお客さんに提供しているのです。

つまり、BARにいって一杯目にジントニックを頼むというのは、単に甘く飲みやすいからというだけでなく、そのお店やバーテンダーさんの考え方や方向性を知るという役割も持っているのです。

ジントニックはその簡単さからチェーンの居酒屋なんかでも出てくるので、お酒を飲み始めたばかりの大学生や新社会人も飲み口のよさもあって口にする機会が多いお酒です。

ただちゃんとしたBARで飲むと、ジンだけでも様々な種類があるし、その味わいや香りも全く違ってきます。

年を増すごとに、人生の先輩として年下や後輩達に良いお店に連れて行き、ホンモノを体験させるというのは、一つの義務だと思います。

それを行なうためにも、まずは自分がホンモノのジントニックを知っておく必要があるでしょう。


 - 雑談記事 , ,


error: Content is protected !!