有吉佐織はいらないわけが無い!下手と言われる理由とは?佐賀出身の右サイドバックがなでしこの勝利のキーマン! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

有吉佐織はいらないわけが無い!下手と言われる理由とは?佐賀出身の右サイドバックがなでしこの勝利のキーマン!

      2016/02/29


2月29日から3月9日にかけて女子サッカー・アジア最終予選(リオデジャネイロオリンピック2016)が行われます。

その大会に出場するサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のメンバーに選出された有吉佐織選手を紹介したいと思います。

 

女子サッカーというと今は大人気のスポーツですが、どうしても注目は最近引退した澤穂希さんや宮間選手、川澄選手に注目が集まってしまいます。

これは女子に限らず、男子サッカーでも攻撃的な選手がどうしても目立ってしまい、得点する事も多いので必然的なのです。

有吉佐織(ありよし さおり)選手は佐賀県出身、ポジションはあまり注目を浴びることが多くないDFで主に右サイドを務めます。

このサイドバックというポジションは、男女に関係なくサッカーではいちばん体力的にキツイ事で知られています。

簡単に言うと、走力が最も必要なポジションで、持久力だけでなくスピードも要求される、現代サッカーの要と言えるポジションなのです。

 

サッカーは同じ人数で試合を行い、攻守が頻繁に入れ替わります。

また、日本のように体格やパワープレイで劣ると中央を攻めるのは難しいので、どうしてもサイドの選手を走らせる攻撃が多くなるのです。

有吉選手は一時期「代表にはいらない。」と叩かれてはいましたが、現在その代表の右サイドを担当している不動の選手こそが有吉選手なのです。

 

なでしこの選手は圧倒的に右利きが多いので、体力が消耗したりピンチになると、どうしても踏ん張りが効かないので、簡単な右側にボールを蹴ってしまうものです。

ですので、必然的に右サイドでの攻撃回数が多くなりますし、右サイドバックが前線までオーバーラップして攻撃に絡む戦術は大きな武器としなければなりません。

男子の日本代表だと、右サイドは本田選手、長谷部選手、内田選手の中心選手を集めていて、そこからサイドを崩した攻撃を展開しています。

これはなでしこにも言えて、有吉選手、川澄選手、宮間選手の関係で攻撃と守備をする監督の狙いがあるのです。

 

有吉選手のプレースタイルは、守備に長けていて、積極的な攻撃参加を何度も出来る体力・走力と状況を瞬時に理解するサッカーセンスがあるのが特徴です。

キック能力も高いのですが、特徴である守備と走力が突出しているあまり、なぜかボール捌きが下手という評価を受けてしまっています。

それでも過去には印象的なゴールを決めている事から確かな技術も持っており、また大舞台で活躍する運や度胸も兼ね備えています。

 

また有吉佐織選手は容姿も整っている美貌の持ち主なので、多くの男性をなでしこファンにさせる役割も担っています。

年齢もまだ28歳なので、今後はベテランとしてなでしこを引っ張っていく存在になるはずです。

女子サッカー・アジア最終予選でも右サイドを縦横無尽に駆け回り、必ずリオオリンピックの出場権を獲得し、オリンピックでは金メダルを獲得して欲しいと思います。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!