鷲見梓沙 ユニバーサルエンターテイメント所属のかわいい女子陸上選手が2ちゃんねるで人気!兄は鷲見知彦? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

鷲見梓沙 ユニバーサルエンターテイメント所属のかわいい女子陸上選手が2ちゃんねるで人気!兄は鷲見知彦?

   


21日のTBS「JAL Presents 『リオ&東京五輪の翼たち FLY to 2020』」に陸上の鷲見梓沙選手が登場する予定です。

 

陸上競技のトラック種目をメインに活躍する鷲見梓沙(すみ あずさ)選手をご存知でしょうか。

鷲見選手は愛知県豊明市出身の19歳です。

どことなくマラソンの高橋尚子選手に似ていて笑顔がとてもキュートで、2ちゃんねるでは彼女を応援するスレがたくさん立っています。

彼女の名前を検索すると関連ワードに「兄」「鷲見知彦」というフレーズが出てくるので、この方が鷲見選手のお兄さんなのかと思ったのですが、実は彼女とは関係のない名字が同じ陸上選手だったようです(笑)

 

そんな鷲見選手は小学生の時に陸上競技を始め、豊明沓掛中学に進学しました。

中学生の時には全日本中学選手権の1500mで5位を記録したくらいの特段目立つような選手ではありませんでしたが、豊川高校に進学してからメキメキと頭角を現し、主に中距離競技で活躍します。

1年生の時に福岡国際クロスカントリーのジュニア女子6キロ部門に出場し優勝。

2年生の時に行われた静岡県の記録会では、3000mを9分22秒62のタイムで総合優勝を果たし注目を集め始め、また高校総体でも1500mで3位に入賞しています。

3年生になると、上記の記録会の3000mで当時高校女子歴代4位となる9分1秒19というタイムでまたも総合優勝し果たし、更に同年の同大会に再び出場して9分0秒89まで記録を更新します。

この9分0秒89は、2014年の女子3000mの国内最高タイムでした。

 

鷲見選手は個人種目だけではなく駅伝でも活躍しており、全国高校駅伝で1年生の時に3区で出した9分21秒というタイムは、現在でも同区間の歴代1位の記録として残っています。

ちなみにこの全国高校駅伝の愛知県予選では鷲見選手の活躍もあり、豊川高校が2014年まで8年連続で優勝しています。

これらの実績を評価され、高校卒業後の進路は有森裕子選手や高橋尚子選手を輩出した小出義雄監督率いるユニバーサルエンターテイメントに入社し、実業団の選手となります。

実業団としての活躍は、入社1年目から東日本実業団陸上の3000mで2位、日本選手権の5000mでも2位を記録し、この年の世界陸上5000mの代表に選出されましたが、残念ながらその世界陸上では予選落ちという結果となりました。

 

過去の実績から3000mが適正とも思われる鷲見梓沙選手ですが、1500~5000mのトラック種目全てをこなせる万能さがあり、これから先の活躍がとても期待される選手の1人です。

小出監督と二人三脚でトレーニングを積んで成長し、是非ともオリンピックでメダルを獲得して欲しいと思います。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!