中島依美の姉も期待!ワールドカップで活躍するであろう馬力のある野洲出身女子なでしこ選手のWiki! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

中島依美の姉も期待!ワールドカップで活躍するであろう馬力のある野洲出身女子なでしこ選手のWiki!

   


6日の読売テレビ「あすリート」は、女子サッカーの中島依美選手が登場する予定です。

 

INAC神戸レオネッサに所属している日本代表と言えば川澄選手や近賀選手、鮫島選手を想像する方も多いことでしょう。

ご存知の方も少ないかもしれませんが、INAC神戸レオネッサには今後の日本を支える注目選手がいます。

それは中島依美(なかじま えみ)選手です。

 

中島依美選手は、滋賀県野洲市出身の25歳で2人のお姉さんがいらっしゃいます。

INACでは背番号7を背負っており、なでしこジャパンには2011年に初選出され、その後はコンスタントに代表へ呼ばれるようになりました。

人懐こい性格で街中で遭遇しても握手や挨拶をしてくれるなど、ファンひとりひとりに親切丁寧に接するのでファンにも愛されている選手です。

まだ代表では存在感は薄いものの徐々に中核的存在になってきましたので、これから期待できる選手の一人であることに間違いありません。

 

そんな中島選手の最大の特徴は、正確なキックと攻守における貢献度の高さです。

INAC神戸レオネッサではプレースキッカーを務めており、幾度となくチャンスを作っています。

また、身長が158㎝と小柄な体格にもかかわらず、ボランチ、サイド、ウイングなど複数のポジションをこなすことができるので監督から重宝されています。

ドリブルで仕掛けることもできて年々得点能力も高くなってきているのですが、それだけでなくスルーパスなどの得点を引き出す効果的なパスも供給できるので、攻守のバランスを整える役割を担える選手へと変貌を遂げ始めました。

現在ではクラブの次代を担う選手として、欠かすことのできない選手です。

2016年シーズンは、今まで絶対的存在として君臨していたレジェンドの澤選手が引退し、川澄選手、鮫島選手、近賀選手などのドイツワールドカップ優勝組もベテランの領域に突入してきているので、チームの牽引役としても期待が大きくなっています。

また中盤での攻撃の舵取り役として、攻撃面を活性化させる事も大いに期待されています。

INACだけでなく、これからのなでしこジャパンの中心となるであろう中島依美選手に注目してください。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!