小野塚彩那の実家は旅館?園遊会にも招待された女子フリースタイルスキーハープパイプ選手のWiki!身長や所属は? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

小野塚彩那の実家は旅館?園遊会にも招待された女子フリースタイルスキーハープパイプ選手のWiki!身長や所属は?

   


6日にTBSで「X GAMES~エックスゲーム~2016アスペン」が放送される予定となっています。

その大会に出場する小野塚彩那選手を紹介したいと思います。

 

皆さんは小野塚彩那(おのづか あやな)というスポーツ選手を知っていますか?

偉大な成績を残したものの、案外ご存じない方が多いかも知れませんね。

彼女は女子フリースタイルスキーのハーフパイプの選手です。

実家は新潟県南魚沼市にある石打丸山 四季を楽しむ宿 勝田屋 (勝田屋旅館)を経営しており、石打丸山スキークラブに所属しています。

ハーフパイプといえばスノーボードを連想すると思いますが、それのスキー板でやる競技です。

身長は158センチながら高さのあるジャンプは本当に凄く見るものを圧倒します。

小野塚選手は2011年シーズンからハーフパイプに転向したのですが、既に世界レベルの選手に成長しています。

2014年のソチオリンピックではなんとでは銅メダルを獲得しました。

スキー競技では里谷多英選手以来2人目のメダリストです。

スキー競技といえば上村愛子選手など人気選手がいっぱいいますが、やはり海外勢が強くて中々日本人はメダルを獲得出来ないのですね。

そしてオリンピックでの功績が認められて園遊会にも招待されており、天皇・皇后両陛下と懇談もしています。

 

まだ出場が決まった訳ではありませんが、次の2018年の平昌オリンピックでは小野塚選手は29歳で出場することになります。

選手として一番脂が乗っている時期ですね。

葛西選手など40代で活躍する選手もいますが、やはり選手のピークは20代後半だと思います。

そこで前回の銅メダルより上のメダルを是非獲得してもらいたいものですね。

 

そんな小野塚彩那選手ですが、競技を始めた頃は金銭的に大変だったそうです。

マイナースポーツなので日本には本格的な練習施設が無く、アルバイトや節約をして自費で海外遠征をしていました。

後に彼女のサポーターズクラブが発足し、現在はATOMIC契約ライダーになっているので金銭的にも満足がいくようになっているようですが、最初の頃は本当に厳しかったでしょうね。

日本はマイナースポーツに対してもっと金銭的に援助してもいいと思うのですが、なかなか予算が下りないのでしょうか。

そして現在、小野塚選手は2015-16シーズンも好調を維持しているようで、優勝や入賞を繰り返しています。

是非この調子で2018年の冬季五輪では金メダルを獲得してもらいたいと思います。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!