松田知幸(射撃)の警察官としての階級は?エアピストル・ピストルでオリンピックのメダルを目指す! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

松田知幸(射撃)の警察官としての階級は?エアピストル・ピストルでオリンピックのメダルを目指す!

   


8月5日~8月21日にリオデジャネイロオリンピックがブラジル・リオデジャネイロで開催されます。

そのオリンピックに男子ピストル50mで出場する射撃の松田知幸選手を紹介したいと思います。

 
松田知幸(まつだ ともゆき)選手は射撃に詳しい方ならご存知かと思いますが、射撃界では有名な選手で、世界レベルの射撃選手です。

「ジーパン刑事」との愛称で報道されたこともあるので、一般の方もご存知の方もいるかも知れませんね。

松田選手は世界レベルの選手ではありますが、現在も神奈川県警で働く現役の警察官です。

ちなみに警察官としての階級は巡査部長だそうです。

 

松田選手の父親も警察官で、お父さんは寡黙な方で家では仕事の事を語らなかったそうですが、その背中を見て育った松田選手も高校卒業後に警察学校に入ります。

家業では無いですが、こうやって父親の背中を見てそれに憧れて仕事に就くという話は何だか聞いていて素敵な話だと思いますよね。

そして警察官と勤務している中、松田選手は射撃の腕が良いのを買われ、指導者育成の訓練生に選ばれます。

当時は自分がやりたかった警察官の仕事と違うと思っていたそうですが、徐々に射撃の世界にのめり込んでいき、世界レベルの選手になったのです。

彼は警察学校で初めてピストルを触ったということですが、射撃選手というと学生の頃から射撃部などに入っている印象があります。

大人になってから競技をスタートして世界クラスになるとは、天賦の才があったのでしょう。

 

そして腕を上げた松田選手は世界大会に出ることになります。

順調に好成績を残した彼は北京オリンピック代表に選ばれ、北京五輪では8位入賞という結果を手にすることになりました。

その後も選手として世界大会で優勝や入賞をし、今度はロンドンオリンピックに出場することになりました。

ロンドン五輪での結果はピストル・エアピストルともに予選敗退という残念なものでしたが、彼が国内はもちろん世界でも注目の選手だということは変わりません。

その後も松田選手は活躍し続け、2015年の大会で上位に入ったことで、11月にリオオリンピック出場が決定しました。

射撃というマイナーな競技は、五輪であってもあまりテレビで放映されることは無い競技ですが、3度目のオリンピックでは是非メダルを獲得して欲しいと思います。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!