三竿健斗の兄は?U17でも活躍したサッカーU23日本代表のWiki!身長やプレースタイルの情報も! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

三竿健斗の兄は?U17でも活躍したサッカーU23日本代表のWiki!身長やプレースタイルの情報も!

   


1月12日から1月30日にかけてリオオリンピック・アジア最終予選のAFC U-23選手権 カタール2016が行われます。

その大会に出場するU-23日本代表のメンバーに選出された三竿健斗選手を紹介したいと思います。

 

U-23日本代表のMF三竿健斗選手、珍しい名前ですが「みさお けんと」と呼びます。

東京ヴェルディの下部組織に所属し2014年に二種登録、2015年からトップチームで活躍しています。

また湘南ベルマーレに所属している三竿雄斗(みさお ゆうと)選手は実兄です。

三竿選手はJ2の東京ヴェルディでプレーをしているため、それほどメディアの露出はないのですが、サッカーファンからはとても注目されていました。

2013年にはU-17日本代表としてU-17ワールドカップに出場し、チームの活躍に大いに貢献しています。

 

そんな三竿選手は守備に長けていて、判断力も素晴らしく、ボールを奪ってからの展開やパスの精度も魅力的なボランチです。

彼が一度ボールを絡め取ったら、すぐにチームのチャンスが生まれます。

180センチと恵まれた体格を器用に操って果敢にチャンスメイク。

時には絶妙な位置にパスを通してアシストをしたり、自らシュートに持ち込んでゴールを決める事もあります。

体格がいいだけではなく技術力もある彼は、他に類を見ないタレント性を持ち合わせていると言っていいでしょう。

空中戦も強くて身長を生かした守備とそこから繰り出される縦パスで他の選手がとてもプレーしやすそうだった印象があります。

攻撃の起点となる選手というのは、安定感が大切です。

三竿選手はこの安定感を持っており、「こいつにならボールを預けられる。」「なんとかしてくれる。」と思わせてくれます。

 

オリンピック日本代表のボランチとして大いに期待される三竿健斗選手。

U-23日本代表でリオオリンピック最終予選とリオオリンピック本大会でブレイクすれば、海外からのオファーが舞い込んでくる可能性もあります。

今のうちに彼のプレーをスタジアムで生で見てみたいです。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!