長谷川賢 ライジンに参戦するDEEP王者のWiki!大学までは柔道? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

長谷川賢 ライジンに参戦するDEEP王者のWiki!大学までは柔道?

   


12月29日と31日に格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX2015」が行われる予定です。

その大会に出場予定の選手を紹介したいと思います。

 

総合格闘技団体「DEEP」に所属する第4代DEEPメガトン級王者の長谷川賢(はせがわ けん)選手。

柔道家の父の影響で幼少の頃に柔道と出会い、高校時代から本格的に始め、その後は山梨学院大学柔道部で活躍。

大学時代には全日本柔道強化選手に選出されている程、日本の柔道界の期待の選手でもありました。

卒業後には、キングダムエルガイツにて本格的に格闘技での活動を続ける事になり、そこでも柔道で培った実力をいかんなく発揮します。

そして2010年11月にプロデビューするとともに、その実力は確かなもので、キングダムエルガイツ代表の入江の期待を受け、DEEP本戦に初登場します。

デビュー戦は圧巻の1本勝ち。

その後も圧倒的な強さで数々の勝利を築き続けていきます。

 

長谷川選手の強みは、クラス最重力級でもあるメガトン級になるのですが、その体型から反してスピード感溢れるコンパクトな打撃が特徴です。

その象徴ともいえる試合が、2011年10月に開催された「DEEP CAGE IMPACT 2011 in TOKYO」では、メガトン級タイトルマッチ挑戦経験もある誠悟選手を、サンドバック状態にして勝利します。

その後も順調に勝利を積み重ね、そして満を期して挑戦したDEEPメガトン級王者決定トーナメント。

1回戦では195センチ・135キロの巨漢、ペーター・トルノとの激闘を見事勝利をおさめます。

そして迎えたDEEPメガトン級王者決定戦では、過去に対戦経験がある誠悟との対戦となりましたが、圧巻な試合運びでプロ戦績無敗のまま2013年2月にプロデビュー9戦目でDEEPメガトン級王座を獲得、第4代メガトン級王者に君臨します。

その後はアメリカでの無者修業を行い、タイトル初防衛線では藤沼弘秀選手を圧倒的な強さで制し初防衛を果たします。

また、2度目の防衛戦では金メダリスト吉田秀彦選手から勝利した中村和裕選手を相手に、こちらも危なげない試合運びで防衛に成功します。

そして2015年10月には、本格的にミドル級(83.9kg以下)へ転向することを決意し、12月31日(木)さいたまスーパーアリーナで開催される新格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015」でブレナン・ワード(アメリカ)選手と対戦する事が決定しています。

長谷川賢選手は、日本格闘技界を代表する貴重な重量級ファイターとして今後の活躍に期待したい選手です。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!