松本圭佑 父が元ボクサーの現役高校生ボクシング選手!バンダナ姿は髪の毛の病気のため? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

松本圭佑 父が元ボクサーの現役高校生ボクシング選手!バンダナ姿は髪の毛の病気のため?

      2015/12/01


29日のフジテレビ「ミライ☆モンスター」は、ボクシングの松本圭佑選手が登場する予定です。

 

2020年には東京オリンピックが開催され、各スポーツの選手も毎日それに向けて熱心に練習をしていますね。

そんな中で、2020年のオリンピックに期待が持てる新たなメダル獲得候補が誕生しました。

それはボクシングの松本圭佑(まつもとけいすけ)選手です。

普段は横浜に住んでいるごく普通の高校生ですが、実は15歳という若さでU-15ボクシング全国大会で5連覇している経歴を持つ、今後のボクシング界を揺るがす新星なのです。

16歳という若さの男の子であれば、少し尖った性格になったりするものですが、そういった素行も一切なく常に真剣な少年です。

現在は大橋ボクシングジムでお父さんと練習をしています。

練習に付き合ってくれている松本選手のお父さんである松本好二さんも元ボクサーで、ボクシング界では名の知れた人物です。

ボクシングを詳しく知らない人は知らないかもしれませんが、松本好二さんは数々の傷跡をボクシング界に残しており、日本フェザー級の王座になり、東洋太平洋フェザー級王者にもなっている程の凄い選手なんです。

 

そんな自慢のお父さんを持つ松本選手のボクシングを始めたきっかけは、ダイエットだったようです。

小学3年の夏ごろに自分の体型に不満を持ちダイエットをすることを決め、それがボクシングに繋がっているとのことです。

筆者も何かのきっかけでダイエットをしようと試みることがありますが、痩せるためにボクシングを始めるという発想はないので凄い発想の転換をする少年だなと素直に関心しました。

今でこそU-15ボクシング全国大会のチャンピオンとして君臨してはいますが、本当に最初はボクシングに興味はなかったようです。

しかし、ダイエットで始めたボクシングをしていく中で確かな上達を実感することができ、ボクシングの楽しさを知ることができたようです。

楽しさを実感できたからこそ、今の松本選手になっているんですね。

また松本選手はトレーニング中のバンダナ姿がトレードマークになっていますが、これは小学校の時に脱毛症という髪の毛の病気のためだったそうです。

現在はその病気から回復しているのですが、バンダナ姿はかっこいいのでこれからも続けてほしいです。

 

2020年の東京オリンピックが少しづつ近づいている中、各スポーツにおいて注目選手が増えつつあります。

その注目の1人に松本圭佑選手も入っていますし、2020年になる頃には松本選手も20歳になっています。

ボクサーとして心も体も成長した姿を2020年には見ることができるでしょうから、今から非常に楽しみです。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!