小松美羽 かわいいハーフ顔の有田焼「狛犬」作家!販売されている作品「四十九日」などの値段は? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

小松美羽 かわいいハーフ顔の有田焼「狛犬」作家!販売されている作品「四十九日」などの値段は?

      2015/12/01


29日のMBS「情熱大陸」は、画家の小松美羽さんに密着しています。

 

2009年に美しすぎる銅版画家としてマスコミに注目されて以来、脚光をあびている小松美羽さん。

長野県出身の現在30歳でハーフ系のかわいい顔をしています。(ただしハーフではありません。)

小松さんは女子美術大学短期大学部後、CDの挿絵、雑誌の表紙などを手掛け、自身のオリジナル作品展や個展など精力的に創作活動を続けています。

2013年にはフランスの「PRIX CANSON 2013」で、世界ベスト39人にノミネートされ、2014年出雲大社に絵画を奉納しました。

そして最近では、今年5月イギリスのチェルシー・フラワーショーで、庭園デザイナーの石原和幸氏の作品「江戸の庭」とコラボした有田焼の「狛犬」が高い評価を受け、大英博物館に所蔵されることになりました。

現在、日本ブースに展示されています。

 

その美しい容姿とは裏腹に小松さんの創作する作品は、どこかおどろおどろしく、まるで妖怪絵巻のような雰囲気で独自の世界を展開しています。

死生観があり、迫力のある作品が小松さんの作風です。

このユニークな作風と迫力ある作品のインパクトが、小松さんの作品の魅力となっており、これらの絵画は約10万円から20万円ほどで販売されているそうです。

 

item10607p1

 

item10605p1

 

 

そんな小松美羽さんは、とても素敵な素顔の持ち主でオフィシャルサイトや公式ブログ、Facebookなども人気です。

そして実は、大英博物館の作品の有田焼の「狛犬」なのですが、ご自身の狛犬研究好きが高じて作品となったそうです。

なんでも全国各地に狛犬観察しに行くのが好きだとか(笑)

その他には温泉巡りや海外旅行も好きで、普通の30歳の女性の素顔もお持ちです。

また特技はなぎなたで、北信越3位にまでいった腕前の持ち主だそう。

小松さんの集中力、版画制作をしているときの強い力のこもった線、迫力ある表情はこんな所からきているのかもしれませんね。

メディアへの登場も頻繁でたくさんのテレビ出演やインタビュー、雑誌などにも出られていますので、是非小松さんに注目して見てみてください。

11月29日は小松さんのお誕生日で、誕生日の特集で「情熱大陸」に出演されるので必見です。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!