竹山晃暉 イケメン大学生ラグビー選手の彼女や身長は?父は元力士で弟もラグビー? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

竹山晃暉 イケメン大学生ラグビー選手の彼女や身長は?父は元力士で弟もラグビー?

      2015/12/01


8日のフジテレビ「ミライ☆モンスター」は、ラグビーの竹山晃暉選手が登場する予定です。

 

竹山晃暉(たけやまこうき)選手は1996年9月25日生まれで、現在帝京大学ラグビー部に所属するラグビー選手です。

甘いマスクのイケメンラガーマンなので、女性からの人気もすごいです。

彼女の情報も調べてみたのですが、見つかりませんでした。

今は将来日本代表やプロで活躍するために、ラグビーに打ち込んでいるのかもしれませんね。

 

そんな竹山選手は、元力士のお父さんの影響で3才からラグビーを始め、広陵少年ラグビークラブ・河合第二中学校へと進みます。

中学時代の全国ジュニア大会では奈良県選抜として出場して、決勝戦では終了間際に劇的なトライを決めてチームを優勝に導きます。

河合第二中時代は大阪の強豪高校に進学を考えていましたが、御所実業高校の竹田監督に「夢を一緒に現実にしよう!」と口説かれたこともあって、高校は奈良県の御所実業高校に進学します。

ちなみに竹山選手の弟である晃稔さんも御所実業高校に進学し、ラグビーをしているそうです。

竹山選手は1年の時からレギュラーに定着すると、チームは全国高校ラグビー大会で準優勝にかがやき、竹山選手も2トライを上げる活躍を見せます。

しかし2年の時は、奈良県大会の決勝でライバルの天理高校に敗れて、全国高校ラグビー大会への出場はなりませんでした。

そして副将となった高校3年時は、第1回全国高校7人制ラグビー大会「アシックスカップ2014」で東福岡に敗れますが決勝までチームは進むと、個人としても「第2回ユースオリンピック競技大会」に日本代表として選出されます。

そして御所実業高校は、全国高校ラグビー大会にも出場を果たすと、この大会で竹山選手は決勝までに10トライを奪う大車輪の活躍を見せますが、決勝では再び東福岡に敗れてしまいます。

高校卒業後は全国6連覇中の帝京大学に進み、デビュー戦でいきなりチーム最多の5トライを奪うなど、ルーキーイヤーからチームの主軸として活躍しています。

 

竹山選手の武器は何と言っても、176cmの身長から繰り出される50メートル6秒0というスピードと鋭いステップです。

速さだけでなく、独特のリズムでステップを切っていくので、ディフェンスをあざ笑うかのように次々にトライを決めていきます。

また、チームが得点を欲しい”ここぞ”という時にトライを決める勝負強さも特筆すべきものがあります。

そんな竹山晃暉選手は、7人制・15人制両方の日本代表として、将来オリンピック・ワールドカップでの活躍が期待されます。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!