鈴木彩香 7人制ラグビー女子セブンズ日本代表がかわいい!ブログやTwitterでラグビーへの想いも! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

鈴木彩香 7人制ラグビー女子セブンズ日本代表がかわいい!ブログやTwitterでラグビーへの想いも!

      2015/12/01


11月7日・8日に香港、11月28日・29日に東京でリオオリンピックのアジア予選となる7人制ラグビーアジア予選が行われます。

アジア予選に出場する女子セブンズ日本代表のメンバー鈴木彩香選手をご紹介したいと思います。

 

鈴木彩香(すずきあやか)選手は、1989年9月30日生まれ・神奈川県出身のラグビー選手です。

ラグビーという肉体をぶつけ合う激しいスポーツをしていますが、かわいい顔をしていて、まさに美人アスリートです。

ですが、やはりラグビーへの情熱は熱く、ブログやTwitterでラグビーへの想いや情報を発信しています。

 

そんな鈴木選手は小学3年生の時、タグラグビーで有名な横浜市立汐入小学校でタグラグビーを始め、中学時代はラグビーを続ける傍ら陸上部にも所属し、100mハードルで県大会を優勝し、全国大会にも出場するなど陸上でも活躍します。

中学2年生でラグビーのユース強化一期生に大抜擢されると、2007年の香港で行われたセブンズ大会で初めて7人制日本代表に選出、2008年アジア大会では15人制日本代表にも選出されます。

10年U-23で編成された香港ウィメンズセブンズではキャプテンに任命され、7人制・15人制の両方で日本代表の中心選手となります。

2012年のワールドカップセブンズアジア地区予選では、強豪カザフスタンを破り2大会連続で本大会の出場権獲得に貢献しました。

しかし、鈴木選手は2013年に2度目のセブンズのワールドカップに出場した後は、扁桃腺が腫れてしまう病気で2度の入院を経て、3度目には手術を行うなどコンディションを崩してしまい、日本代表からも遠ざかります。

それでも、2014年からは立正大学の職員となり、立正大学がバックアップする「アルカスクイーン熊谷」で小学生を中心にコーチも始めるなど、ラグビーに集中できる環境に身を置けるようになります。

2015年1月にはセブンズの強化合宿に久々に参加しますが、ここで左膝の前十字靱帯を断裂の大ケガを負ってしまいます。

けれども、鈴木選手は怪我からカムバックを果たし、リオオリンピック出場かけた女子7人制ラグビーアジア予選の日本代表メンバーに選出されました。

 

鈴木選手の武器は、身長168センチの長身に加えて、陸上で鍛えられたスピードを兼ね備えている所です。

特に15人制よりもスピードが求められる7人制ラグビーでは、彼女の走力は大きな武器と言えます。

また、現在の女子7人制ラグビーの日本代表選手は、他の種目から転向してからまだ日の浅い選手も多く、小学校からラグビーに親しみ、日本代表としての長く活躍してきた彼女の経験値は、チームにとって大きな財産です。

そんな鈴木彩香選手には、女子7人制ラグビー日本代表をオリンピックに導く活躍が期待されます。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!