小野川稔 陸上競歩でユースオリンピック金メダル!大学の進路は?出身や身長も! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

小野川稔 陸上競歩でユースオリンピック金メダル!大学の進路は?出身や身長も!

      2015/12/01


3日のNHK「めざせ!2020年のオリンピアン/パラリンピアン」は、陸上競歩の小野川稔選手が登場する予定です。

 

東京オリンピック世代として注目を浴びる次世代のスポーツ選手が多くいる中で、競歩でも小野川稔(おのがわみのる)選手に大きな期待が寄せられています。

今年の夏に行われた全国高校総体では、5000メートル競歩にて見事に優勝しました。

小野川選手は横浜市出身、身長174センチで体重は54キロという均整のとれた体格の持ち主です。

2016年の春に大学進学となり、本格的にオリンピック種目となる20キロ競歩へのチャレンジが始まります。

大学の進路は、目標としている選手である鈴木雄介選手の出身大学の順天堂大学が有力でしょうか。

 

テレビのスポーツニュース番組を通しても、なかなか放送されることがない競歩というスポーツ。

時折ダイエット番組などで取り上げられることもありますが、現実的には競歩というスポーツを知らない方は多く存在します。

大きな公園などでジョギングしてる人もいれば、たまに競歩の練習をしてる姿を見かける事もありますが、かなり独特なフォームの為にどうしても特別に見てしまいがちです。

まだまだ人気という面では発展途上な競技なので、もっとたくさんのメディアで紹介していただきたいです。

そして素晴らしい素質がある小野川選手には、これから競歩という競技の有名選手になって欲しいと思います。

 

また競歩は老若男女含めて誰でも簡単に始めまれるスポーツなので、より身近な親近感のある競技としてアピールする事が大事です。

ダイエットなど体質改善にはもちろん、スタイルが良くなるという声も聞くので、まずは正しい競歩の歩き方などを的確に伝える特集などもあったら良いかと思います。

加齢による下半身の衰えなどアンチエイジングとしても競歩は効果的でしょうし、今の段階から中年の方々が日常的に取り入れたら体に良いはずです。

スポーツ=健康という一面を表に出しつつ、ルールはもちろん歴史なども含めて、競歩の持つ競技の素晴らしさを今後はどんどん世に伝える。

昨年ユースオリンピックで金メダルを獲得した小野川稔選手には、世界の大舞台で活躍し、そういった競歩の普及にも貢献してほしいと思います。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!