合谷和弘 日本とフィリピンとのハーフの7人制ラグビー男子セブンズ現役大学生日本代表選手!出身や身長は? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

合谷和弘 日本とフィリピンとのハーフの7人制ラグビー男子セブンズ現役大学生日本代表選手!出身や身長は?

      2015/12/01


1月7日・8日、香港でリオオリンピックのアジア予選となる7人制ラグビーアジア予選が行われます。

アジア予選に出場する男子セブンズ日本代表のメンバー合谷和弘選手をご紹介したいと思います。

 

健全なる精神は健全なる肉体を宿るという言葉がありますが、ラグビーというスポーツはまさにその言葉がピッタリで、心も体もより充実した状態を迎えると威力を発揮します。

敵味方含めて団体で行う競技ですが、この7人制のラグビーは、通常の15人制と比べると個々の力量がより重要視されます。

フィールドの大きさは15人制と同じでルールもほぼ一緒、ひとりひとりにかかる負担は7人制の場合の方が凄まじく多いです。

 

そんな7人制ラグビーの中で、流通経済大学の合谷和弘(ごうやかずひろ)選手の存在はキラリと光る魅力があります。

合谷選手は、日本人の父とフィリピン人の母との間でハーフとして福岡県大野城市で生まれた21歳です。

身長170センチで体重77キロというラグビー選手にしては小柄な体格ですが、スピードと瞬発力を生かした切れ味鋭いプレイで観衆を魅了させてくれる素晴らしいプレイヤーです。

人気選手でもある合谷選手のプレイから目が離せませんが、もっとスポーツニュースはもちろん、各メディアでも紹介されて欲しいと思います。

野球やサッカーみたいな扱いでも良いと思いますが、ボクシングや総合格闘技みたく個人の体力チェックなどをメインに紹介してくれるテレビ番組などにも合谷選手には出演してもらいたいです。

まだまだ認知度が低い7人制ラグビーですが、先のラグビーワールドカップ2015での輝かしい日本ラグビーの実績が生まれたおかげで、これから注目も上昇して行く事でしょう。

 

さて、いよいよ今週末に迫ったリオオリンピックの予選となる7人制ラグビーアジア予選。

7人制ラグビーの場合は、あきらめないプレイが試合を左右させることが多いですし、通常の15人制ラグビーとの違いを感じながらゲームに集中する楽しみ方もお薦めだと思います。

是非とも2016年のリオオリンピックの出場権を獲得してほしいと思います。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!