桑井亜乃 かわいいサクラセブンズ選手がすぽるとにも出演!Facebook・Twitterやブログで情報発信中! | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

桑井亜乃 かわいいサクラセブンズ選手がすぽるとにも出演!Facebook・Twitterやブログで情報発信中!

      2015/12/01


11月7日・8日に香港、11月28日・29日に東京でリオオリンピックのアジア予選となる7人制ラグビーアジア予選が行われます。

アジア予選に出場する女子セブンズ日本代表のメンバー桑井亜乃選手をご紹介したいと思います。

 

桑井亜乃(くわいあの)選手は、1989年10月20日生まれ・北海道出身で、現在アルカス熊谷所属のラグビー選手です。

ラグビーという激しいスポーツをしていますが、とてもかわいくて男性ファンに人気があり注目を浴びています。

ブログを中心にFacebookやツイッターでも日々の出来事などの情報を発信しており、以前すぽるとに出演した際もブログで報告していました。

 

桑井選手は、3才から陸上と日本舞踊を始め、小学3年生からアイスホッケーを始めます。

特に陸上の円盤投げでは国体で入賞し、大学時代はあの室伏広治さんの指導を受けるなどトップ選手として活躍していました。

そんな桑井選手は、大学の授業で出会ったラグビーに魅了され、大学卒業後の2012年4月に五輪選手育成を目的としたチーム「Rugirl-7(ラガールセブン)」に所属し、陸上からラグビーに競技を転向します。

そして、同年の7月には女子ラグビー学生日本代表に選ばれ、「世界学生セブンズ大会」ではメダルには届きませんがチームも4位に入ります。

2013年3月には「香港セブンズ」で代表デビューを果たし、4月には立正大大学院に進学をして男子部員と一緒に練習に励み、7人制ラグビー女子日本代表(サクラセブンズ)のメンバーとしてもステップアップをしていきます。

2014年の「アジア大会」でサクラセブンズは、決勝で中国に敗れますが準優勝に輝くと、その後すぐ行われたアジアシリーズでは、決勝で中国を破って優勝を果たしました。

桑井選手は2015年3月に立正大大学院を修了し、熊谷市の百貨店で働きながらアルカス熊谷に所属しプレーしています。

そして、11月のリオデジャネイロオリンピックのアジア予選となる「7人制ラグビーアジア予選香港大会」のメンバーにも選出されました。

 

桑井選手は、身長171センチという日本人では恵まれた体格をしていて、相手選手とのコンタクトプレーでも当たり負けない体の強さがあります。

また元陸上選手ということもあり、ランニングのスピードも兼ね備えています。

その資質の高さが競技歴は短いのにも関わらず、サクラセブンズのメンバーに選出され続ける理由だと言えます。

もうすぐオリンピックをかけた戦いが始まりますが、桑井亜乃選手の力強いプレーでサクラセブンズをリオオリンピックに導くことが期待されます。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!