羽野一志 ラグビーセブンズ日本代表のWiki!ラグビーは姉の勧め?進路や就職先は? | ホット一息。

ホット一息。

ホットな話題を、一息ついてるあなたへ

*

   

羽野一志 ラグビーセブンズ日本代表のWiki!ラグビーは姉の勧め?進路や就職先は?

      2015/12/01


11月7日・8日、香港でリオオリンピックのアジア予選となる7人制ラグビーアジア予選が行われます。

アジア予選に出場する男子セブンズ日本代表のメンバー羽野一志選手をご紹介したいと思います。

 

羽野一志(はのかずし)選手は、1991年6月21日生まれ・愛知県出身で、現在NTTコミュニケーションズラグビー部所属のラグビー選手です。

彼がラグビーを始めたのは中学1年の時で、もともとはバスケットボールをしたかったそうですが、進学した中学校にバスケ部がなく、他の部活を探していた時に、お姉さんの仲の良い先生がラグビー部の顧問をしていることもあり、お姉さんの勧めでラグビー部に入部したそうです。

そのため、高校ではバスケットボールをしようと考えていたそうですが、中学最後の大会で悔しい負けを経験し、その悔しい経験があったため、その後もラグビーを続け、西陵高校・中央大学へと進みました。

中央大学入学後は、1年目にいきなり7人制日本代表候補に選出されるなど注目されると、「シンガポールクリケットセブンズ2011」男子7人制日本選抜メンバーにも選出されます。

また、15人制のU-20日本代表、日本A代表、ジュニア・ジャパンにも選ばれ、7人制だけでなく15人制代表でも存在感を高めていきます。

そして、大学4年時(2013年)には、「ワールドカップ・セブンズ」にも出場するなど、7人制ラグビーでは欠かせない選手へと成長を遂げます。

大学卒業後はNTTコミュニケーションズに進み、リオオリンピック出場をかけた「7人制ラグビーアジア予選香港大会」のメンバーにも選出されています。

 

羽野一志選手は、身長185cmという大型のフルバックとしてプレーしていますが、スピード感抜群のプレーが持ち味です。

走力が15人制より求められる7人制では、コンタクトで当たり負けないパワーとスピードの両方を兼ね備える羽野選手は、まさに理想的なプレイヤーと言えます。

また、社会人なってからはスピードはそのままで、さらなるパワーもついてきて選手としてもスケールアップしています。

そして何より羽野選手は日本代表としての経験が豊富で、代表の主軸としてプレーだけでなく、チームの精神的な支柱としても日本代表をリオオリンピックに導き、リオオリンピックでも好成績を収めるような活躍が期待されます。


 - ホットな記事 ,


error: Content is protected !!